第87回:呼ばないと大変!

2018-01-23

http://bnipodcast.jp/797/

安:さて大野さん、呼ばないと大変と言う事なんですがこれは?

大野:はい、ビジターの事ですね。
チャプターでビジターを呼べている人、
そして呼べていない人、がいらっしゃると思うんですね。

呼ばないのか、呼べないのかでまたちょっと違ってきますけれども、
例えば「私はリファーラルで充分に貢献しているからビジターは呼びません」
と割り切ってしまっている人いますよね。

それと、呼べないと言うことでいろいろ言い訳のように
聞こえてしまうんですけども、例えばオーナーではなくて
スタッフとしてお店を見ている店長さんなんかだと、
「なかなかお客様に勝手に連絡したりできないんですよね」
という声を聞いたりします。

まぁそういう時はなじみのお客様が来たときに声をかけたりとか、
店外でも人と会う機会を増やすことも
解決方法になると思うんですけども、
あと呼び方がわからないと言う声も時々来ませんか?


安:聞きますね。


大野:ここは適切なトレーニングを受講する。
あるいは呼べている人に手ほどきをしてもらう
という事も考えられると思うんですね。

あともう一つちょっと重症なケースとして、
実際にあるんですけども、「いや私はこのチャプターには、
大切な人は呼べないです」と言ってしまう人がいたりしますね。


安:え〜、悲しい。


大野:これはもう、ビジターを呼ぶとか呼ばないとかの
レベルの話ではなくて、根本的にチャプターに
そういった大きな問題があるケースですけれども、
今日はそのテーマだと大き過ぎてしまうので、
ビジターを呼んでいないことがもたらす悪影響を
考えてみたいと思います。

まず、一つ考えられるのは、あの人は貢献してくれないとか、
他の人の努力に平気でただ乗りする人なんだなとか、
あるいは所謂ハンターなんだなというマイナスのイメージを
周りからもたれてしまうというリスクが当然ありますよね。

後はですね、他のメンバーを信頼してくれていないんじゃないかと
思われることもあるかもしれません。

それともう一つ怖いのはですね、
これ皆さんあまり気がついてないかもしれないですけど、
ビジターを6ヶ月間で全然呼べていないようだと、
その人は周りに声をかけても、誰も来てくれない、
つまり周囲からの信頼が薄い人なのではないかと
思われてしまうリスクが大きいですよね。

そうするとリファーラルもやはり出しにくくなってしまうので、
いずれもリファーラルを受け取りにくくなる、
つまりはビジネスを生み出しにくくなる
ということになってしまいます。

一方で、ビジターを呼ぶことによる良い影響というのも
当然あると思いますけれども、
先程のちょうど裏返しになりますけれども、
当然ビジターをたくさん呼んでくれていれば、
貢献してくれているということで、
周りの人からもリファーラルをもらいやすくなります。

もう一つは、いつもポジティブで協力的なメンバーである
という印象を周りのメンバーに持ってもらうことができるので、
これもリファールにつながりやすくなりますよね。

あと3つ目も先程の裏返してチャプターの外でも、
普段から信頼の厚い人と思ってもらえるので、
当然、これもリファーラルにつながるということで、
3つとも全てリファーラルにつながるわけですよね。

つまりビジターを呼ばないと大変ということがわかったところで、
やるべき作業としては、まずメンバートラフィックライトで
現状を確認して頂くと言う事ですね。

ビジターのセクション見ていただくと
メンバートラックライトのスコアの付け方が、
ちょっと解説しときますけども、
6ヶ月が24週間で換算されています。

グレーが2名未満、赤が2名以上、黄色が4名以上、
黄緑が6名以上で、緑が12名以上。
12名以上ということは月に2名以上ということになります。

これがもし6ヶ月が25週、定例会があった場合には
基準が1名ずつ上がってしまうので、注意してください。


安:それではそろそろ終わりに近づいて参りましたが、
大野さんからメンバーの皆さんにメッセージはありますか?


大野:はい、まず、ビジターを呼ぶことが苦手な方は、
苦手だからといって放っておかないで頂きたいです。

ビジター候補に声をかけるというプロセスというのは、
BNIだけでなくて色々な場面で使える
大切なビジネススキルのひとつだと思います。

なので、具体的に言えば、BNIの場合だと、
チャプターディベロップメントなどの
トレーニングを受講して頂くことで解決の糸口を探す、
あるいはチャプターでたくさんビジターを
呼べている人がいると思うので、
その人がどうやってそれを達成しているのかというのを
紐解いてみるのも良いと思います。

それとあまりビジターをこれまで呼ぼうという
意識をしていなかった人もいらっしゃると思うんですけれども、
やはりビジターを呼ぶことのメリットと、
一方で呼ばないことのデメリットをご理解頂けたと思うので、
ぜひ意識的にビジター候補に声をかける計画を立てて
実践して頂きたいと思います。

そうすることで、よりビジネスに繋がりやすい流れを
作ることができるはずですので。


安:そうですね。ありがとうございました。


大野:ありがとうございました。

Copyright© 2017, BNI All Rights Reserved.

〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-21-1ダイヤビル303
ビジネス&コミュニティ横浜駅前オフィス 内