効果の高い異業種交流会とは?

異業種交流会のよくある風景

異業種交流会と呼ばれる会合はたくさんあります。多くは、日時と場所、そして参加料が決まっていて、「若手経営者」のように大雑把な集まる人々のタイプが指定されている状態で、参加者を募るような形です。ゲスト・スピーカーを呼んで話題を作り、参加者が指定のテーマに従って考えたり議論したりすることが売りになっている、パネル・ディスカッションやセミナーのような形式を採り入れているものもあります。このような場で、軽食を取ったり、アルコールを楽しみながら、初対面の参加者が「人脈作り」と称して名刺交換をしたり、「情報交換」と称して雑談をするのがよくある異業種交流会の風景でしょう。
しかし、10分に満たないような会話を、束にして集めた名刺の名前から翌朝に再現するのは至難のわざです。初めて聞いた業種の特殊な状況や動向を、自分の事業に結び付けて参考にしたり、商売のタネにするのは、容易にできることではありません。このように、一般的な異業種交流会の場で行われる「人脈作り」や「情報交換」が、参加者自身の事業に関る何かの有意義な結果に結び付くのは、かなり困難であることと思います。

結果につながる異業種交流会 BNI

ビジネスにおけるコミュニケーションの目的は、「相手の価値観やその結果の行動に望ましい変化を起こすこと」だと言われています。部下から報告を受けた上司は、その内容にもとづいて次の指示を出します。会議で売上向上策が説明されれば、皆がそれを実行に移します。これが参加者の価値観や行動に望ましい変化が起きる「会」のあり方です。同じように考えると、場当たり的な「人脈作り」や「情報交換」を中心とする異業種交流会とは異なる、結果につながる異業種交流会、「効く異業種交流会」のあり方も浮かび上がってくるのです。
BNIの「会」の運営面からみた、他の異業種交流会とは異なる明確な特徴は幾つもあります。
初対面の参加者が集まって、毎回、一から自己紹介をし合うのではなく、その会に一人しかいないプロとしてのメンバーを、毎週の会を重ねるごとに深く理解しあって、お互いのビジネスの拡大や発展の可能性を積極的に考え合うことができる、独自の「効く異業種交流会」。それがBNIなのです。

Copyright© 2016, BNI All Rights Reserved.

〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-32-14 
エクレール横浜西口507