エピソード430: 楽なBNIは成功しない(再配信)

2015-11-11

Episode 430: BNI Light Just Isn’t Right (Classic Podcast)



エピソード430: 楽なBNIは成功しない(再配信)
※原文は日本語の下に掲載されております

 

プリシラ:

みなさんこんにちは。BNIの公式ポッドキャストへようこそ。このポッドキャストは、NetworkingNow.comがお届けしています。NetworkingNow.comは、ネットワーキング関連のダウンロードコンテンツを提供する、業界屈指のウェブサイトです。

私はプリシラ・ライスです。カリフォルニア、バークレーのライブ・オーク・レコーディング・スタジオからお送りしています。今日もBNIの創立者兼会長のアイヴァン・マイズナー博士と電話がつながっています。

 

アイヴァン、こんにちは。ご機嫌いかがですか。

 

アイヴァン:

とても元気です、プリシラ。今日はぜひ皆さんにお伝えしたい、とても楽しい話があります。

 

プリシラ:

素晴らしいですね!どんな話ですか?

 

 

アイヴァン:

「楽なBNIは成功しない」。最近、ある人からメールをもらったのですが、この人は何年にも渡ってあちこちのBNIグループを訪ねてきた人です。とても熱心に、あるアイデアを紹介してくれました。その人の手紙の言葉をそのまま借りると、こんな話です。「地域のチャプターに、私の持っている膨大なコンタクトリストを役立てられたら、と思っています。ただ、毎週のミーティングには出られません。月に一度程度だったら参加できます。BNIの価値観や、立派なプログラムの精神は順守させて頂きます。どうしたらよろしいでしょうか」

 

 

 

このリクエストには考えさせられました。考えていたのは、こんなことです。「ツール・ド・フランスに勝ちたいですが、自転車に乗ったり、終わりの見えない努力をするのは好きではありません。オリンピックでメダルを取れたら素晴らしいといつも思っていますが、きつい練習や体調管理―ホントにそういったことが必要なのでしょうか。医者になろうと思います。なりたいのですが、すると血や内臓といったものを扱わなければなりませんよね。苦手なんです」

 

 

 

 

「軍の司令官になるのが夢です。司令官になれたらかっこいいですが、ブートキャンプに参加しなければいけませんか?ホントにそんなことが必要なんですか」。私が気に入っているのは、これです。 「私が欲しいのは―誰もが欲しがる最高の栄誉です。ノーベル平和賞を取りたいです。取れたら、すごいことですよね。最高の功績です。ただ、そのためには世界を大きく変える貢献をしなければならないし、たくさんの人を救わなければならない。でも、きっとそこまで大きなことをしなくても、賞を取る方法があるのではないでしょうか」

 

 

 

 

そんな望みが叶えば良いのかもしれませんが、そんなことにはなりません。真理は単純です。必要な努力をしないで同じ成果を得るなど、誰にもできない。そんなことは起こりません。そして、同じ質問を、何年もの間、数えきれないほどたくさんもらってきました。この手紙にはとてもしっかりと意見が述べられていて、差出人はまじめな男性です。「BNIから得られるものは、結果や成果、全部欲しいです。でも、いろいろ出てくる日常的な仕事はしたくありません。あるいは、そうするだけの余力がありません」したくないのかできないのか、いずれにしてもそれをしようとはしていない。あるいはできない。それでいて、同じ成果を期待しています。

 

残念ながら、そうはいきません。そうなればラッキーかもしれませんが。皆さん、もし必要な努力をしないで、あまたの素晴らしい成果を出せる方法を発見したら、教えてください。そんなことを言うのも、私が知る限り、努力をしないで成功する秘密は、やっぱり秘密だからです。成功はその辺に転がってはいない。努力で手に入るものです。

 

 

BNIは世界最大の、最も成功したネットワーキング組織だと思います。しかし、それは価値観、原則、しっかり構造化された毎週のミーティングがあってこそです。プログラムの土台を骨抜きにして同じ成果を期待しても、ばかばかしいだけです。飛行機から翼を取り外して飛ぼうとしているようなものですから。BNIのプログラムが簡単だと言ったことは一度もありません。実際、簡単ではない。でも、プログラムに沿ってひたすらやっていく意志があったら、必ず成果が出ます。それはもちろん、毎週ミーティングに出席し、私たちの考え方やコンセプトを実践していくということです。BNIに似たシステムに惹かれることもあるかもしれませんが、少ない努力で同じ恩恵を受けられるような、BNIの簡易版は存在しません。そんなBNIの簡易版、楽なBNIは存在しない。献身的で、効果が実証されているBNIのやり方を積極的に実践するメンバーだけが、たくさんのリファーラルを手にし、最高の結果を得られるわけです。

 

 

 

 

 

もしネットワーキングを極めたかったら、テレビドラマのERで、深刻な状態の患者に対して使われるフレーズを思い出してください。こんな話をするのは、私自身がテレビドラマを通じて、自分が医者だったとしたら、という人生を重ね合わせてしまうからですが―「光(light)の方に行くな(=安易(light)な方に行くな)」、が皆さんへのメッセージです。品がないですが、どうしても紹介しておきたくて。「安易な方に行くな」。簡易版のBNIはBNIではありません。BNIにはなり得ません。

 

プリシラ:

なるほど。いいメッセージですね!BNIのミーティングを週に1回ではなく、増やすことを考えたことはありますか?多すぎですか?

 

アイヴァン:

BNIのミーティングを週に1回よりも増やすのは、考えてみたことがありません。ただ、週に1回よりも少ないのは経験があります。BNIを始めたばかりのころ、いろいろなことを試しました。そのうちの一つが、ミーティングを月に2回にするというものです。結果を検討したら、月に2回しかミーティングを開かないチャプターは、毎週ミーティングを開くチャプターより、リファーラルが52%少なかった。恒常的なミーティングをすると、メンバーがお互いのことをよりしっかり意識し、その結果、より多くのリファーラルを出すことがはっきり分かったんです。

 

 

つまり、ミーティングに毎回出席し、プログラムをこなすことと、リファーラルを手に入れることは、直接的な相関関係がある。週に1回以上は何もしていないわけですし、週に1回以上、取り立てて何かをする必要もないと思いますが―ちょっと話を整理させてください。週1回よりも減らすケースは試し、同じ結果には全く至らなかったわけです。

 

 

 

今、週1回よりもミーティングの頻度を増やすことを考えます。パワーチーム・ミーティングのように、月の間に別途ミーティングを行うチャプターがあります。月に2回そういったミーティングがあったり、月に1、2回、社交行事があったりします。あるいは、いつものBNIミーティングの他に行うミーティングと言えば、one-to-oneダンスカードですね。これがまさに、付加的に行うミーティングです。こういったミーティングは、もちろん意義があります。ただ、定期的なBNIミーティングは、週に1回が最適でしょう。

 

 

プリシラ:

なるほど、その通りだと思います。

 

貴重なご意見、ありがとうございました。

 

アイヴァン:

いえいえ。

 

というわけで、忘れないで下さい。「安易なものを避けよ。安易な方に行くな」。

 

プリシラ:

はい、分かりました。

 

アイヴァン:

ありがとう。

 

プリシラ:

今週はここまでですね。繰り返しになりますが、このポッドキャストは、NetworkingNow.comがお届けしています。NetworkingNow.comは、ネットワーキング関連のダウンロードコンテンツを提供する、業界屈指のウェブサイトです。お聴きいただき、ありがとうございます。プリシラ・ライスでした。また来週、BNI公式ポッドキャストの楽しいエピソードでお会いできるのを心待ちにしています。

 




 

Priscilla:

Hello everyone, and welcome back to The Official BNI Podcast brought to you by NetworkingNow.com, which is the leading site on the Net for networking downloadables.

 

I’m Priscilla Rice, and I’m coming to you from Live Oak Recording Studio in Berkley, California, and I’m joined on the phone today by the founder and the chairman of BNI, Dr. Ivan Misner.

 

Hello, Ivan. How are you?

 

Ivan:

I am doing great today, Priscilla, and I have, I think, a fun topic that I want to talk about.

 

Priscilla:

Okay, great, tell us!

 

Ivan:

BNI Lite Just Isn’t Right. I recently received an e-mail from someone who visited a number of BNI groups over several years, and he sent this idea, and he was so passionate about it. This is what he said, I’m quoting from his letter exactly, he said, “I am interested in how I can provide my extensive list of contacts to a local chapter without having to actually attend the weekly meetings. I mean, we could attend a meeting once in a while, maybe once a month while I still want to adopt the BNI ethos and the principles of such a well structured program. How do I do that?”

 

And his request got me thinking, and this is what I thought, “I would really love to win the Tour de France, but I’m really not a fan of the endless exertion involved in riding a bike. I always thought it would be amazing to win an Olympic medal, but the workouts and the conditioning really – is that really necessary?” I thought about being a medical doctor, and I thought that would be really interesting to be a medical doctor, but then I’d have to deal with the whole mess of blood and internal organs and like. I’m not really into that.

 

And then there’s my dream, I would love to be a military general. I mean, how cool would that be to be a general, but do I really have to do boot camp? I mean, is that really necessary? And here’s my favorite. I would love to – the coveted achievement of all. I would love to win the Nobel Peace Prize. I think winning would be amazing! It would be my crowning accomplishment. The only problem is that I’d have to require to actually have really change the world in some incredibly dynamic way and save a lot of people. So surely, there’s something a bit less demanding that I could do to win that prize.

 

If only wishing made it so, but it doesn’t. The simple truth is none of us can do less and get the same results. It just doesn’t work. And I have gotten this question really many, many times over the years. This was a very well articulated letter and very serious gentleman. “I’d like to get all of the things that I can get out of BNI, all of the results. I just don’t want to put in all of that regular work. Or I can’t put in all that regular work.” Can’t or won’t, either way, he’s not willing to do it, or not able to do it, and yet, would like the same kinds of results.

 

Well, I’m afraid it just doesn’t work that way. I wish it did. And listen, if somebody can figure out how to get all kinds of incredible results without having the do the hard work necessary, please tell me, because from what I’ve learned, the secrets of success without hard work is still a secret. You know, it’s not out there. It involves hard work.

 

I think BNI is the largest, most successful networking organization in the world because of its ethos, its principles, and yes, its well-structured, weekly meetings. If we start taking apart fundamental portions of the program and expect the same results, we’re fooling ourselves. It’s a little like taking a wing off a plane and trying to fly. I’ve never told anyone that the BNI program is easy; it isn’t. It does, however, work if you’re willing to work the program consistently. And that means, of course, actually showing up every week and applying the ideas and concepts that we talk about. It may be tempting for people to gravitate toward some BNI-like model, but there is no diet version of BNI that gives you all the benefits with less work. There is no diet version, or BNI Lite, version that gives you all the benefits with less work. Only BNI members who dedicate themselves to actively following BNI’s proven structure are the ones who achieve the optimum results and the maximum referrals.

 

So for all of those people who want to be masters of networking, take heed to the phrase that I’ve heard spoken to patients on episodes of ER when things are looking very grim – yes, I’ve had to come to terms with the fact that my life as an MD will have to be lived vicariously through TV shows, “Don’t go into the lite,” is my message to you people. I’m sorry, I just couldn’t resist that one. But don’t go into the lite. BNI lite is not BNI, and it never will be.

 

Priscilla:

Um-hmm. Great one! Have you ever thought about doing BNI more than once a week? Do you think that’s too much?

 

Ivan:

I’ve never thought about doing BNI more than once a week. I haven’t. I have, however, done BNI less than once a week. When we first started BNI, we tested a number of different things, one of which was meeting twice a month. And we started looking at the results, and we discovered that chapters that met twice a month passed 52 percent less referrals than groups that met every week. And it became very clear that those regular meetings really forced people to think about each other more, and they tend to, then, bring in more referrals.

 

So there was an absolute direct correlation between showing up on a regular basis, following the program and getting referrals. And so, although we haven’t done anything more than once a week, and I don’t think it’s necessary to do something more than once a week, we have – although let me come back to that in just a moment. We have tried less than once a week, and it’s never had the same results, ever.

 

But now, doing things more than once a week, there are some chapters who have meetings, like maybe Power Team meetings, during the month, and so they might meet twice in a month or they may have social activities once or twice in a month. So from that perspective, yeah, additional meetings other than their normal BNI meeting are a one-to-one dance card with members. You know, those are additional meetings. So those kinds of meetings, yes, absolutely. But a regular BNI meeting, I think once is the optimum number.

 

Priscilla:

Um-hmm, I think you’re right.

 

Well, that’s great information. Thank you so much.

 

Ivan:

Thanks, Priscilla.

 

So just remember everyone, stay out of the lite; don’t go into the lite.

 

Priscilla:

Okay, great.

 

Ivan:

Thanks.

 

Priscilla:

All right. Well, I think that’s it for this week, and I would just like to remind the listeners that this podcast has been brought to you by NetworkingNow.com, which is the leading site on the Net for networking downloadables. Thanks so much for listening. This is Priscilla Rice, and we hope you’ll join us next week for another exciting episode of The Official BNI Podcast.

Copyright© 2017, BNI All Rights Reserved.

〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-21-1ダイヤビル303
ビジネス&コミュニティ横浜駅前オフィス 内