“義眼の女子プロレスラー・再起への執念” BNI活用法 第59号

2013-01-10

本メルマガは、以前に渡辺と名刺交換した方や、BNI横浜
セントラルリージョン主催の交流会等にご参加された方で、
メルマガ配信をご承認頂いた方に限定して、お送りしています。

このメルマガの変更・停止については大変お手数ですが、以下
からお願い出来れば幸いです。
→https://s7.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=yokohamacentral
━━━ ☆ ━━━━━ ☆ ━━━━━ ☆ ━━━━━ ☆ ━━━━━

~「与える者は与えられる・BNIビジネス交流会活用法」~

2013/1/10発行 第59号

本メルマガは、2~3分位で読める分量にしてありますので安心して
お読み下さい(ニッコリ)。

━━━ ☆ ━━━━━ ☆ ━━━━━ ☆ ━━━━━ ☆ ━━━━━

BNIの基本理念

“Givers Gain(ギバーズゲイン)” = 「与える者は与えられる」

「あなたが誰かにビジネスの機会を提供することで、自分自身も誰か
からビジネスの機会を与えられる」という言葉です。結果として、お
互いが利益を受けることができると考えています。

『1専門分野1人限定・世界最大の異業種交流会』BNIとは?
http://www.bni-japan.com/about-bni.html

——————————  も く じ ————————————

1.  義眼の女子プロレスラー・再起への執念

2.  日本一気軽に参加できる!横浜フレンドリンク交流会

3.  「1専門分野1人限定」 BNI横浜セントラル・リージョン
ビジネスミーティング 開催情報

———————————————————————————-

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

義眼の女子プロレスラー・再起への執念

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


────────────────────────────────────

網膜芽細胞腫(もうまくがさいぼうしゅ)という目のがんに罹り、
片目を摘出したのは私が3歳の時でした。

母は義眼となった娘の私を抱いたまま心中も考えたようですが、
当の私は別段そのことを気に病むこともありませんでした。

小学校4年の時、空手師範だった父の影響で空手を習い始めると、
他の道場へも出稽古に行くほどのめり込み
国際武道大学に進学して世界大会にも出場を果たしました。

ところが大学3年を迎えたある日、
なんとなしに観戦したプロレスに私はすっかり魅了され、
プロレスラーになりたいという思いが
抑えられなくなってしまったのです。

空手家として将来を期待していた父からは
「みっともない。頼むからやめてくれ」と
反対されたものの私の決意は変わらず、
すぐにオーディションを受けました。

厳しい実技試験を終え、手応えを感じていた私でしたが、
審査員の長与千種(ながよちぐさ)さんに声を掛けられました。


「ごめんね、傷つく言い方をするかもしれないけど、
その目はどうしたの? 空手をやっていたそうだけど、
プロレスはぶつかって初めて成るスポーツだから」


「大丈夫です。私、リングで死んでもいいと思ってますから」


「あなたはそれでいいと思うんだ。
でも対戦した相手はどうなるかな」。


優しい言い方で、言われていることは十分分かっていました。
私は返す言葉もなく、それでもやりたいと
泣き喚くことしかできませんでした。


一体どうすればプロレスラーになれるのだろう。


なんとか別のオーディションを探し出してみたものの、
やはり結果は同じ。

いくら頑張っても目が悪いだけで弾かれてしまうのか……。

悶々としていた時、偶然見つけたのが
アニマル浜口さんのプロレスラー養成ジムでした。

大学の講義を月火水にまとめて取ると、
そのまま浅草のジムへ行って泊まり込みで練習。
男子でさえ音を上げてしまう厳しいメニューを
同じようにこなすことができたのは、
プロレスラーになりたいという情熱以外の何ものでもありませんでした。

一年前とは見違えるような体つきに変化した頃、
ある出来事をきっかけに業界全体で門戸を広げることとなり、
私もあっさりオーディションに合格することができたのです。

ただ入団はしたものの、満足な仕事もできない私は怒られてばかり。
そのうち誰にも話し掛けてもらえなくなり、
マスクを外して素顔でリングに上がらされたり、
頭を坊主に剃られ、見世物のようにされるなど
惨めな思いを味わいました。


もうやめてしまおう。


あれほど憧れていたプロレスに終止符を打ち、
家業を手伝っていた私の元へ、ある日1本の電話が掛かってきました。


「あんた、まだプロレスやりたいでしょ。うちでやらない?」。


電話の主は吉本女子プロレスのスター選手だったジャガー横田さん。
将来この子が障碍者の方の希望になればという思いがあったそうで、
未練のあった私は「お願いします」と返事をし、
再デビューを果たすことができたのです。

入団後も先輩方の温かい指導のおかげでTWF世界タッグ王者になり、
各方面から試合のオファーもいただくようになりました。

原因不明の血尿が出るようになったのはそんな頃のことです。
ある日高熱に見舞われ、病院へ行くと集中治療室に入れさせられ、
緊急入院の指示を受けました。


「急速進行性糸球体腎炎(しきゅうたいじんえん)」という腎臓病で、
治療は安静が原則。運動は禁止でプロレスなどは論外です。
その上厳しい食事制限も課され、
こんな状態が一生続くのかと思うと絶望的な気持ちになりました。


そんな時お見舞いに来てくださったのが、
ジャガーさんと、ご主人で医師の木下博勝先生でした。

先生は私に病名を尋ねられ、


「なんだ。その病気だったら、時間はかかるかもしれないけど、
必ず治るよ。安心したよ」


と言われました。


あれ?


それまで主治医や看護師からは薬の副作用で
骨粗鬆症になるなどと説明を受けてきたため、
不思議な気もしましたが、それならば頑張ろうと
気持ちを入れ直しました。

そして密かにリング復帰の決意をし、
歩行訓練から始めて筋トレのメニューを少しずつ増やしていきながら、
その日を迎える準備を行いました。


2008年、約2年ぶりとなる復帰戦の舞台を用意してくださったのは、
ジャガーさんと先輩のライオネス飛鳥さんでした。

あれほど強く望んでいた復帰戦もいざリングを前にすると、
まさか本当にこの日が来るとは、と込み上げてくるものを
抑えることができませんでした。


無事試合を終えた夜、私は真っ先に
ジャガーさんと木下先生にお礼を言いに行きました。


「先生のあの時の言葉が凄く励みになったんです」


「いやぁ、実は病名を聞いた時、復帰できると思ってなかったんだよ。
可能性はゼロだと思ってたんだ」



世の中には不可能を可能にする力が存在すると私は思います。


一つには固い決意と粘り強さ。

プロレスラーになれなくて悩んでいた時も、
私は必死にもがいて行動し、絶対になるんだとしか考えていなかった。
入院生活中に復帰を決意した時もそう。


そして不可能を可能に変えるもう一つの力は、
周りにいる人がどんな言葉を与えるかではないでしょうか。


苦しい時を経ていまも憧れのリングに
立たせていただいていることの幸せを噛み締めながら、
私もいつかジャガーさんや木下先生のように、
困っている誰かに手を差し延べることのできる
存在になれたらと願っています。


※救世忍者 乱丸さんの公式ブログ
http://ameblo.jp/521ranmaru/entry-11247597403.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回のメルマガは、『致知』2011年11月号「致知随想」から抜粋させて
もらいました。書店では販売されていない月刊誌『致知』については、
是非コチラをご覧下さい。

http://www.chichi.co.jp/

さて、 乱丸さんの話は、「やりたい!」「できる!」という強い気持ちによって
不可能を可能にしたと言っても良いのでは無いでしょうか?
こうしたポジティブな思い込みは、「百利あって一害無し」(=百害あって一利無しの
反対の造語です(笑))と考えています。

例えば「プラシーボ効果」という言葉があります。医師が何らかの理由で偽薬を与えた
にも関わらず、患者自身が効き目のある薬だと思い込むことで、何らかの改善が見られ
ることがあるとしてその効能が広く認識されています。

http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%9C%E5%8A%B9%E6%9E%9C

一方で、人は一日に三人から「今日は顔色が悪いですね、具合は大丈夫ですか?」
等と言われると、ほとんどの場合、本当に具合が悪いような気分になってしまうそう
です。

このことを知って以来、お会いする方には基本的に「今日も顔色が良いですね!」
「いつも元気そうですね!」「いやー、調子良さそうですね!」と言うような言葉を
ハッスル、もとい、発するようにしています(笑)。

例え少し位顔色が悪く見えても、決して「顔色悪いですね?」等とは言わないように
しています。ただ、マスクをして咳込んでいるような方にはさすがに「元気そうですね!」
とは言えませんので(苦笑)、その場合は「具合悪そうですね」等という代わりに、
「大丈夫ですか?」「もう治りそうな感じですか?」と話掛けるようにしています。

もし答えが、「いやー、調子悪いです」「まだ治りそうもないです・・・」といった場合は
「そうですか、早く良くなるといいですね!」、「早く治るように祈ってますね!」
といったように返すことを心がけています。

でも、自虐キャラでドMの方の場合は、例外かもしれません(笑)。

乱丸さんの話、あなたはどう思いますか?

BNI横浜セントラル・リージョン
エグゼクティブ・ディレクター
渡辺直行


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

日本一気軽に参加できる!横浜フレンドリンク交流会

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

神奈川・横浜エリアで様々な業界の方に参加いただく異業種
交流会です。横浜エリアの方が地元周辺に人脈を作るのはもちろん、
エリア外の方がこのエリアの人脈を作るのにもご利用下さい。

毎回、20名ほどの方が参加しますが、ゆっくりじっくりにっこり(笑)、
名刺交換ができるオープンな交流会です。
ざっくばらんな会ですので、初めての方、お1人で参加の方、女性の方
でもどうぞお気軽にご参加ください。

第103回 横浜 異業種交流会
http://friendlink.jp/event/1276/

開催日時: 1月14日(月) 19:15~

会場:かながわ県民活動サポートセンター306号室
(かながわ県民センター内)

住所:神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2丁目24-2

アクセス:横浜駅西口、きた西口を出て、徒歩およそ5分
MAP:http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f5681/p16362.html

参加費:2,500円(ドリンク付)

お申込はコチラ→ http://friendlink.jp/event/1276/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

「1専門分野1人限定」 BNI横浜セントラル・リージョン
ビジネスミーティング 開催情報

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

詳細は下記の各チャプターウェブサイトをご覧ください。

【火曜日】
海都チャプター(朝)
https://business.form-mailer.jp/fms/a6146c0214609

【水曜日】
サファイヤチャプター(昼)
https://business.form-mailer.jp/fms/7b12957f14731
http://www.facebook.com/pages/BNI-Sapphire-%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%97%E3%82%BF%E3%83%BC/157920371015884

【木曜日】
Bayチャプター(朝)
http://www.bni-bay.com/

HAMATOMOチャプター(朝)
http://www.bni-hamatomo.com/

エナジーチャプター(昼)
https://business.form-mailer.jp/fms/3d3a9e9d14684

シリウスチャプター(朝)
http://bni-sirius.com/


◇編集後記
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました。
前号は久々の発行でしたが、想定外の沢山の反響を頂き、
ありがとうございました(ニッコリ)。

以下、感想の1つを紹介させて下さい♪

「メルマガありがとうございます。
とても参考になりました。
メルマガに返信するのはいかがとおもったのですが、思わず返信しました。

岡田先生のセミナーを先月受けたんです。
とても勉強になりました。
また、今月も申込しました。
その偶然をお伝えしたくて、メールさせて頂きました」

このように、メルマガ引用先の岡田氏と読者の方のご縁が
引き寄せられるのは、発行者としても嬉しい限りですね。

メルマガへの返信での感想大歓迎ですので、是非お待ちしています!

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

————————————————————-
当メールマガジンの「ギバーズゲイン」の考え方が少しでも広ま
ればと心から願っています。
どうぞ、ご自由に、周りの方々に転送して下さい。

新規登録の方はこちらよりどうぞ
→https://s7.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=yokohamacentral
発行者: 渡辺直行

このメルマガの変更・停止については大変お手数ですが以下から
お願い出来れば幸いです。
→https://s7.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=yokohamacentral

バックナンバーは下記からご覧頂けます。
→https://s7.blayn.jp/bm/p/bn/list.php?i=yokohamacentral&no=9

Copyright© 2017, BNI All Rights Reserved.

〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-32-14 
エクレール横浜西口507