エピソード483:BNIコネクトを活用する

2017-01-10

Episode 483: Communicating Using BNI Connect



 

エピソード483:BNIコネクトを活用する

※原文は日本語の下に掲載されております

プリシラ:
みなさんこんにちは。BNIの公式ポッドキャストへようこそ。

このポッドキャストは、NetworkingNow.comがお届けしています。

NetworkingNow.comは、
ネットワーキング関連のダウンロードコンテンツを提供する、
業界屈指のウェブサイトです。

私はプリシラ・ライスです。

カリフォルニア、バークレーの
ライブ・オーク・レコーディング・スタジオからお送りしています。

今日もBNIの創立者で
チーフ・ビジョナリー・オフィサーのアイヴァン・マイズナー博士と
電話がつながっています。

アイヴァン、こんにちは。ご機嫌いかがですか。

そして今日はどちらにおいでですか?

 

 

アイヴァン:
まだ南カリフォルニアです。

先週、世界会議があると言いましたね。

場所は言いませんでした。

南カリフォルニアのオレンジ・カウンティーです。

まだ、ここにいます。

会議は終わりましたが、ディレクター・オリエンテーションをしています。

BNIでチャプターを運営するにあたって、
ディレクターがしっかりトレーニングを受けるのは
とても大事なことだと思っています。

3日間、24時間のトレーニングを受けます。

1日8時間ですね。

今日が最終日です。

 

 

プリシラ:
素晴らしいですね。

 

 

アイヴァン:
今日も、ゲストにお越し頂きました。

ジェレミーですが、先週のポッドキャスト、
それに以前のポッドキャストでも素晴らしいお話をしてくれました。

今日はBNIコネクトの話をもう一つお願いしています。

先週の話題は、出席ポリシーの変更に関する具体的なもの。

今日の話題はもう少し一般的な話題で、
全てのメンバーが使う機会があるもの、
使い方に慣れる必要のあるものです。

BNIコネクトで、機能強化を行いました。

この機能強化がどんなものか、
10分間でざっと話してもらえるよう、
ジェレミーにお願いしました。

さてジェレミー・ウォルシュさん、
BNIコネクトのカスタマーサービスですが―
メンバーから高い評価を得ています。

ご尽力に感謝します。

BNIコネクトで新しく行われた機能強化について、
話してもらえますか?

 

 

ジェレミー:
もちろんです。

様々な検討をしてきました―グローバル・サポート・チームが、
細部に渡るメンバー・エクスペリエンスの検討をしているためです。

ビジターとしての参加から始まり、メンバーになってから、
それにメンバーシップの更新に至るまで、一貫した検討です。

このプロセスの各所でメンバーに手を伸ばし、
いかにエクスペリエンスを向上できるか。

BNIコネクトで最近行われた改修の多くは、
こういったメンバー・エクスペリエンスの向上が狙いです。

最初に着手したのは、ビジター・エクスペリエンスです。

メンバーが苦心することの1つですが、
どうやってBNIに人を招くか、
どうやってミーティングに出てもらうか。

しばらく前ですが、
BNIコネクトにビジター招待の機能を持たせました。

最近フォーマットを更新して、
新たにとても綺麗なロゴが入るようになりましたが、
もうひとひねりしてあります。

「このメールが本当にビジターに届いているのか、
BNIコネクトっていまいち信用できないよね。
それに、文面も分からないし」という声があったからです。

そこで、自動的に送信者にメールのコピーが届くようにしました。

すると、2つのことが分かります。

まずは、メールが送られたということ。

そして、ビジター候補の相手が、
招待メールを受け取ったということ。

すると、その相手に対して
フォローアップのメッセージを送ることもできます。

「招待を受け取られたと思います。
ミーティングの参加申込みをしてもらえたら嬉しいです」。

これが、最初の変更です。

次の変更は―今の話を少し延長してみましょう。

ビジターはミーティングに来て、素晴らしいミーティング、
やり取りされるビジネスの量に圧倒されて、
チャプターのメンバーになることを決めます。

この過程で―入会申込みなど多々ありますが、
ありがちなのが、メンバーが入って来ても、
そのメンバーにどのタイミングで働きかければいいのか、
誰も知らないということです。

いろいろなことが、
メンバーがBNIコネクトを使い始めるタイミングに依存しています。

そのタイミングで、リファーラルの授受が可能になる。

そのタイミングで、1-2-1を始められる。

そのタイミングで、メンター・コーディネーターがメンターを指名できる。

こういったことがどれも、
BNIコネクトを使い始めるタイミングで起こります。

というわけで、我々が行った2つ目の変更は―全く新しい機能です。

チャプターで肩書、役割がある人全員に、メールを配信します。

BNIコネクトにそのメンバーがログインすると、
その度にメールを出します。

ミーティングに毎週出るわけではないディレクター・コンサルタントや
アンバサダーにとっても、便利な機能です。

新しいメンバーがしっかり活動していると分かりますから。

それに電話もかけられますし、
もう少しそのメンバーを知りたければ、1-2-1も設定できます。

これが、2つ目の変更点です。

 

 

アイヴァン:
これが、2つ目。もう1つあります。

その後に、こういった変更が、
このポッドキャストを聴いている一般のメンバーの皆さんに
どんな意味を持つのか、お話ししましょう。

 

 

ジェレミー:
3つ目は、どちらかと言えばリーダーシップチームに向けたものですが、
時期に関するメンバー・エクスペリエンスの視点からも、とても大事です。

3つ目は、メンバーシップの更新に関するもの。

メンバーが1年近くチャプターにいたら、
メンバーシップの継続有無を決断する必要が出てきます。

メンバーシップ更新のリマインダーをアップデートしました。

本人はもちろん、メンバーシップ更新のメールを受け取ります。

でも、システムを更新して、メンバーシップ委員会が、
90日以内に更新が必要なメンバー全員のリストを受け取るようにしました。

以前はぴったり90日後に更新を迎えるメンバーしか示されませんでしたので、
とても重要な変更です。

そのメンバーがすぐに更新しないと、
2度目のチャンスは巡ってこなかったわけです。

今では、メンバーをいわば追跡管理できるので、
取りこぼしがありません。

一番起きてほしくないのが、更新したかったにも関わらず―
シャイなメンバーですね。

誰も言ってくれなかった。

期日までに書類を提出できなかった。

あるいは、遅延料金を取られるはめになった。

こういうことを避けたいわけです。

このプロセスを合理化して、
できる限り長くBNIにいてもらえるようにしました。

 

 

アイヴァン:
3つ目はこれで全部ですか?

 

 

ジェレミー:
はい、3つ目はこれだけです。

 

 

アイヴァン:
さて、最初の1つはビジター訪問に関するエクスペリエンスを
強化するものでした。

メールがしっかり送られているのを見届けられ、
それによりプロセス全体を自動化でき、
効率的に状況を把握できる。

ビジターを招待するとき、間違いなくメールが届いたと分かる。

メンバーの候補となる人物を連れてくるプロセス全体を、
改善したわけですね。

これで合っていますか?

 

 

ジェレミー:
その通りです。

RSVPの機能も追加しましたので、
ビジターは招待メッセージのRSVPのリンクをクリックして、
ミーティングへの参加申込みができます。

すると、その後、
リマインダーや通知も送られてくるようになります。

 

 

アイヴァン:
そして2つ目が、現在のメンバー、
既に在籍しているメンバーを対象にした話。

1つ目はビジターの話でした―先ほど話した、1つ目の機能強化です。

2つ目は、在籍するメンバーが、
新しいメンバーとしっかり関わりあっていくためのもの。

特に、MSPトレーニングや1-2-1。そうですね?

 

 

ジェレミー:
その通りです。

新しく入ったメンバーに、チャプター全体が、できる限り早く、
入会したらすぐに関わりを持てるようにするためのものです。

 

 

アイヴァン:
何年も見てきましたが、1つ言えることは、
新しいメンバーとしっかり関わりを持てばそれだけ、
そのメンバーのチャプターにおける生産性も高くなるということ。

何年か前にサイコロジー・トゥデイで読んだ研究成果ですが、
組織に所属するメンバーのうち、その組織への関与が強いメンバーは、
そうでないメンバーに比べて46%生産性が高いということです。

何年か前に、サイコロジー・トゥデイに掲載されていた研究成果そのもの。

積極的に関与するメンバーは、そうでないメンバーよりも
46%生産性が高い。

BNIでも、まさにその通りでしょう。

機能強化の最後のポイントは、
在籍するメンバーに対するメンバーシップ更新のリマインダーに関するもの。

プロセスの合理化を進めて、
BNIコネクトでもう少し効果的に行うようにしました。

これで、今日言ったことは全部でしたっけ?

 

 

ジェレミー:
その通りです。
3つの大きな機能強化―
最新版をリリースしてから細かい変更はあちこちでしていますが、
この3つが最も大きなものです。

それに、実を言うとここ何年かで一番要望の多かったのが、
この3つなんです。

 

 

プリシラ:
ちょっと細かいことをお聞きしてもいいですか?

 

 

ジェレミー:
もちろんです。

 

 

プリシラ:
招待レターは、どこに行けば見つかりますか?

一度、招待レターを送ろうとして探したのを覚えています。

10分もかかったのですが、
結局見つかったかどうかも定かではありません。

どこに行けば見つかりますか?

 

 

ジェレミー:
なるほど。

トップ画面には、こんなメニューがあります。

ネットワーク、オペレーション、レポート。

ネットワークは、BNIのソーシャルメディアというか、
そういった用途のものです。

人とのつながりや、推薦文など。

システム上で他の人と交流したいときに使います。

オペレーションは、手を動かして作業するところ。

日々使うものです。

各種ツールはここですが、レポートは読み取り専用です。

何かを打ち込んだり、メールを出したりする場合は、
このオペレーションのメニューを見ることになります。

オペレーションのメニューに行くと、
「メールをする」「ビジターに招待メールを送る」などがあります。

相手のメールアドレスと名前を入れたら、
すぐにメールを送ることができます。

 

 

プリシラ:
なるほど、良く分かりました。

ありがとうございました。

 

 

アイヴァン:
ジェレミー、ポッドキャストにお越し頂き、
ありがとうございました。

BNIコネクトの使い方で質問があったら、
support@BNIconnect.comにメールを送ってください。

support@BNIconnect.comです。

BNIコネクトでは、
ログインしてから右上にあるクエスチョンマークをクリックしてください。

右上にあるクエスチョンマークから、
BNIコネクトのサポートページに行くことができます。

こんな話を耳にしたのですが、少しコメントしたいと思います。

何の話かというと、
BNIコネクトは使いこなすのがなかなか大変だということ。

でも、どんなプログラムを使うにしても、
積極的に使わないことには、慣れることはできません。

特に、世界73か国で、
種々の言語で運用されている大規模なプログラムですから。

とても複雑なシステムです。

慣れるには時間が必要です。

ジェレミー、あなたはどうか知りませんが、
私はLinkedInのようなサイトには、ほとほと困っています。

 

 

ジェレミー:
私もまさにそうです。

 

 

アイヴァン:
開発には何千万ドル、あるいは何億ドルとかかっているはずですが、
「これ、どうやったらいいんだろう」ということがありますね。

そして、やり方を見つけるのに5分、10分かかる。

理由は、LinkedInを使いこなすほど、
触れる時間をしっかり確保していないからです。

これを聴いている皆さんに言いたいこと。

少し時間を割いてください。

どんなプログラムか分かってきたら、
使うのがずっと楽になるはずです。

BNIメンバーであることを活かして、
世界中のメンバーとつながる素晴らしいプログラムです。

地元でビジネスをしつつ、世界中に広がるネットワークが手に入ります。

BNIコネクトを活用して、
世界でビジネスをする人たちをたくさん知っています。

ジェレミー、ポッドキャストにお越し頂きありがとうございました。

いつも、とても価値のある情報を提供してくれます。

プリシラ、後をお願いします。

 

 

ジェレミー:
お招き頂き、ありがとうございました。

 

 

プリシラ:
承知しました。

今週はここまでですね。

繰り返しになりますが、このポッドキャストは、
NetworkingNow.comがお届けしています。

NetworkingNow.comは、
ネットワーキング関連のダウンロードコンテンツを提供する、
業界屈指のウェブサイトです。

お聴きいただき、ありがとうございます。

プリシラ・ライスでした。

また来週、BNI公式ポッドキャストの楽しいエピソードで
お会いできるのを心待ちにしています。

 

 




 

 

Priscilla:
Hello everyone and welcome back

to the Official BNI Podcast, brought to you

by NetworkingNow.com,

which is the leading site on the net

for networking downloadables.

 

I am Priscilla Rice, and I am coming to you

from Live Oak Recording Studio in Berkeley, California.

 

I am joined on the phone today

by the Founder and the Chief Visionary Officer of BNI, Dr. Ivan Misner.

 

Hello, Ivan. How are you and where are you?

 

 

Ivan:
You know, I am still in southern California.

 

I mentioned last week that we had the global convention.

 

I didn’t mention where it was.

 

It was in southern California in Orange County.

 

I am still here.

 

The convention is over but we do Director Orientation.

 

We think that it is really important that Directors get thoroughly trained

on how to run chapters in BNI.

 

They go through 24 hours of training in three days, eight hours a day.

 

So we are just wrapping that up today.

 

 

Priscilla:
Oh great.

 

 

Ivan:

I have a guest again, Priscilla.

 

Jeremy did such a great job in last week’s podcast

and previous podcasts that I have asked him

to do another topic related to BNI Connect.

 

Last week’s topic was very, very specific to a policy change.

 

This is a little bit broader and something

that every member has an opportunity to really use,

or every member can certainly improve on.

 

We have had some enhancements on BNI Connect.

 

I have asked Jeremy to maybe cover what some of those enhancements are

and talk us through it in ten minutes.

 

So Jeremy Walsh, your great customer service for BNI Connect-

everyone loves the work that you do.

 

We appreciate what you do and tell us

about the new enhancements that are going on in BNI Connect.

 

 

Jeremy:
Absolutely.

 

So we have really been doing a lot of thinking-

and this is mainly due to the global support team

that has been doing a lot of thinking about the member experience

and all of the different parts of the member experience.

 

Not just from when they are there as a visitor,

but all the way to when they become a member

and all the way through when it is time for renewal.

 

How can we touch people at different parts of that process

and improve that experience with them?

 

A lot of these changes that we have made

in BNI Connect recently are really aimed

at improving the member experience.

 

Again, we start that off with the visitor experience.

 

One of the things that sometimes members struggle

with is how do I invite somebody to BNI

and how do I get them to the meeting?

 

Quite some time ago,

we put in a visitor invitation into BNI Connect.

 

We have just recently updated the format of that so it has some great,

new gorgeous branding on that,

but the one tweak that we did here was people were saying,

 

” You know what?

I don’t quite trust BNI Connect here

that this email went out to the visitor

and I am not quite sure what it said, either.”

 

So we made it so it automatically includes a copy

to whoever is sending that message.

 

That way, you know two things.

 

Number one, it went out

and the potential visitor should have received that invitation,

which also gives you the opportunity to say maybe you can follow up

with that person and say,

“I see that you received the invitation.

I would love it if you registered for the meeting.”

 

That was the first change that we did, Ivan.

 

The next change that we did was –

let’s take this step a little bit father.

 

The visitor did come to the meeting

and they were so blown away by how awesome the meeting was

and all the business that was being passed

that they decided that they would like to become a member of that chapter.

 

So as part of that process-

we have the application process

and everything, but what happens in some chapters is the member comes on board

but nobody is really sure when to start doing all of their responsibilities

with that new member.

 

A lot of things do depend on

when that member has been entered into BNI Connect.

 

That is when we can start passing referrals.

 

That is when we can put in 1-2-1s that we have had with the member.

 

That is when the mentor coordinator can go ahead

and assign the mentor and the mentee pair to this member.

 

That is when all of these things happen.

 

So the second change that we have implemented-

and this is brand new.

 

We will email anybody with a position or role in the chapter.

 

We will email you every single time a new member has been entered into BNI Connect,

which also helps the Director Consultants

and the Ambassadors that aren’t there every week.

 

Now they know that a new member has been sworn in.

 

They can give them a call.

 

They can set up that 1-2-1 with them

and really get to know that member a little bit better.

 

That was the second change.

 

 

Ivan:
That is the second change.

 

We have one more.

 

And then let’s talk about

how these all affect the average member listening to this podcast.

 

 

Jeremy:
The third item is more of a leadership team item,

but it is still a very important part of the member experience timeline.

 

This third part is when it comes time for renewal.

 

So this member has been there almost a year now

and a decision needs to be made whether they are going

to continue their membership.

 

So what er have done is we have updated the renewal reminder.

 

First of all, the member does get a renewal email as well.

 

But now we have updated it so that the membership committee gets a list

of everyone who is in the renewal pipeline for 90 days.

 

This is a really important change because before ,

they were only getting the people who were due in exactly 90 days.

 

If that person didn’t renew right away, they weren’t getting a second chance.

 

Now we can kind of keep track of those members

so nobody sort of falls through the cracks.

 

The last thing we want is for a member who kind of wanted to renew-

maybe they were a little bit shy.

 

They didn’t get asked.

 

They didn’t turn in the paperwork on time.

 

OR they ended up getting hit with a late fee.

 

We never want that to happen to members, either.

 

We tried to streamline that final part of the process

and hopefully keep them as a member of BNI for life.

 

 

Ivan:
Is that everything on the third one?

 

 

Jeremy:
Yep, that is everything on the third one.

 

 

Ivan:
So the first one really enhances the experience for the visitor process.

 

It enables people to see the fact their their email has gone out

and it makes for or gives us an opportunity

to automate this whole process and stay on top of it more effectively.

 

So when you invite a visitor,

you know for a fact that you have gotten it.

 

It improves that whole process of bringing in potential new members.

 

Correct?

 

 

Jeremy:
Absolutely.

 

It even includes now an RSVP for the member,

so they can actually click on the RSVP link in that invitation

and register for the upcoming meeting,

which them starts the whole process of reminders and notifications as well.

 

 

Ivan:
And the second one really addresses existing members,

somebody who has joined.

 

The first one was aimed at visitors,

the first enhancement that we were talking about.

 

The second one is aimed at members

to increase engagement of new members,

particularly in things like the MSE training and any 1-2-1s, correct?

 

 

Jeremy:
Absolutely.

 

Get all of the chapter involved with that member as quickly as possible,

as soon as they have joined that chapter.

 

 

Ivan:
Let me tell you, one of the things that we have learned

over the years is that the more engagement that you have with the members,

the more productive they are going to be in the chapter.

 

There was some research that I read a couple of years ago out of Psychology Today

that said that people within an organization

who are engaged in the processes of the organization are 46% more productive

than those who are not.

 

That is research right out of Psychology Today

from a couple of years ago.

 

46% more engaged than those who are not.

 

I think that most definitely applies in BNI.

 

The last enhancement in BNI Connect is the renewal reminder

for existing members.

 

We have streamlined that process,

made that process a little more effective in BNI Connect.

 

Did I cover just about everything that you were discussing today?

 

 

Jeremy:
Yes, sir. That covers the three major –

of course, we have made minor tweaks here and there

since the latest release,

but these are the three top ones and quite frankly,

three of the top most requested things that we have heard over the years as well.

 

 

Priscilla:
Can I ask something very specific?

 

 

Jeremy:
Sure.

 

 

Priscilla:
Where do you find the invitation letter,

because I can remember one day.

 

I was trying to send one and then it took me 10 minutes

and then I wasn’t sure I had even found it.

 

Where is it exactly, Jeremy?

 

 

Jeremy:
Absolutely. Sure.

 

Along the top, you will see those menu items:

Network, Operations and Reports.

 

The network stuff is whenever you want to do things,

like the social media side of BNI- the connections

and testimonials and things like that.

 

That is when you want to interact with other people on the system.

 

Operations is where you go to do stuff.

 

It is the day to day management.

 

It is where the tools are located,

whereas reports are always read only.

 

So pretty much when you are looking

to create something or enter an email,

that type of thing, you are going to go to the Operations menu.

 

When you go to the Operations menu

and see something that says “Create Email” and “Email Visitor Invitation”.

 

Then you just enter their email address

and name and it just sends that email out immediaely.

 

 

Priscilla:
Okay, great. Thank you.

 

I appreciate that.

 

 

Ivan:
Well, Jeremy, Thank you once again for being on our podcast.

 

If people have any questions about how to use BNI Connect,

they can go to support@BNIconnect.com.

 

That is support@BNIconnect.com.

 

Within BNI Connect, you can hit the question mark

on the top right hand corner when you log in.

 

The question mark int he top right hand corner will take you

to support at BNI Connect.

 

You know, one of the things that I have heard

and I would love quick feedback on this, Jeremy.

 

One of the things that I have heard is that it is hard to learn it.

 

One of the things that I have discovered is that

with almost any program that you get on,

until you really immerse yourself in it-

this is a very comprehensive program that operates in 60 countries

in multiple languages.

 

It is very complicated. It takes time to learn it.

 

I don’t know about you, Jeremy,

but I get totally stumped on sites like LinkedIn.

 

 

Jeremy:
I feel the exact same way.

 

 

Ivan:
These guys, they spent if not tens of millions,

hundreds of millions of dollars in producing the site

and there are things that I go, how can I do this?

 

I will spend five or ten minutes trying to figure it out.

 

The reason for it is I am not spending enough time

on LinkedIn to have it become second nature.

 

So my point here is, for those of you listening, spend some time.

 

You will find that as you get to understand the program,

it will get a lot easier.

 

And it is a fantastic way to use your BNI membership

and stay connected with BNI members around the world.

 

We are- you can be a local business and have a global network.

 

I have seen a lot of people do business worldwide

by staying active in BNI Connect.

 

Jeremy, thank you so much for being on my podcast again.

 

You always have a lot of value-added content.

 

Over to you, Priscilla.

 

 

Jeremy:
Than you for having me.

 

 

Priscilla:
Okay, great.

 

Well, that is it for this week.

 

I would just like to remind the listeners

that this podcast has been brought to you by NetworkingNow.com,

the leading site on the net for networking downloadables.

 

Thank you so much for listening.

 

This is Priscilla Rice and we hope you will join us next week

for another exciting episode of the Official BNI Podcast.

Copyright© 2017, BNI All Rights Reserved.

〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-32-14 
エクレール横浜西口507