エピソード480:あなたのチャプターは好調?維持?低迷?

2016-12-06

Episode 480: Is Your Chapter on Fire, on Hold, or in a Hole?



 

エピソード480:あなたのチャプターは好調?維持?低迷?

※原文は日本語の下に掲載されております

プリシラ:
みなさんこんにちは。

BNIの公式ポッドキャストへようこそ。

このポッドキャストは、
NetworkingNow.comがお届けしています。

NetworkingNow.comは、
ネットワーキング関連のダウンロードコンテンツを提供する、
業界屈指のウェブサイトです。

私はプリシラ・ライスです。

カリフォルニア、バークレーの
ライブ・オーク・レコーディング・スタジオからお送りしています。

今日もBNIの創立者でチーフ・ビジョナリー・オフィサーの
アイヴァン・マイズナー博士と電話がつながっています。

アイヴァン、こんにちは。ご機嫌いかがですか。

そして今日はどちらにおいでですか?

 

 

アイヴァン:
今週は、ヒューストンとボストンにいます。

ヒューストンとボストンはすぐ近くだって、知っていましたか?

 

 

プリシラ:
いいえ、知りませんでした。

 

 

アイヴァン:
ヒューストンとボストンでBNIの仕事をしています。

少し移動が必要ですね。

今日はとても好きな話題です。

 

 

プリシラ:
分かりました。どんなものですか?

 

 

アイヴァン:
チャプターで、好不調のサイクルを経験したことがありますか?

何年間か運営しているチャプターだったら、
恐らくサイクルを経験しているでしょう。

チャプター・サイクルの話です。

ポッドキャストのページで
「チャプター・サイクル」と検索してみてください。

チャプター・サイクルの情報がもっとたくさん得られます。

今日の話の3つのフレーズを思いついたのは最近ですが、
チャプター・サイクルにおける
チャプターの状況にぴったりあてはまります。

それに、覚え易くて、分かり易いものです。

チャプターを訪ねていって、「好調」だったとします。

エネルギーにあふれていて、明確な目標を持っています。

とても賑やかです。

そして一番大事なこと。

サンキュースリップで高い収入、高い金額を出しています。

他の一つは「維持」です。

このグループは、決まった動作を続けています。

最低限のことをやり、平均的な結果を出しています。

そして、「低迷」のチャプターです。

出席率に問題があります。

責任感に欠けています。

活動に気持ちが乗らず、
強いメンバーシップの維持に苦労しています。

このポッドキャストをお聴きの皆さん、
今していることの手を休めて、
自分の状況を少し考えてみてください。

自分のチャプターは、この3つのどれですか?

正直に。

自分のグループの状態は?

もし自分のグループが「好調」だったら、
お祝いを申し上げます。

それこそ、私が思い描いているBNIのあり方ですから。

自分のグループが「維持」ならば、
「好調」にはすぐ手が届きます。

信じてください。

短期間で「好調」に至るチャプターをたくさん目にしてきました。

もし自分のグループが「低迷」なら、絶望しないこと。

必ず素晴らしいグループになれます。

信じてください。

そういったチャプターを見てきました。

しっかりしたメンバーシップチームと、
メンバーの高い意識があれば、膠着状態から真ん中を飛び越して、
「好調」に短期間で至ることも可能です。

とてもわくわくするものです。

どんなグループであっても、このサイクルを経験します。

そんなものです。

大事なのは、このサイクルを認識し、
今の状態を出て次の状態に行くタイミングを知ること。

高みを目指す機会が開けている時に、
凡庸に甘んじる手はありません。

世界のどこのBNIチャプターでも、
高みを目指す機会は開けています。

では、3つのグループのタイプを手短に見てみましょう。

「好調」のグループ。

凡庸に甘んじることを嫌うチャプターです。

規模が大きく、素晴らしい実績を出している。

あるいは、そうでなかったとしても、
大規模、好実績に向けて活動し、努力している。

在籍するメンバーにとって、最も生産性の高いチャプターです。

リーダーシップチームはBNIの方針、
ガイドライン、仕組みを忠実に守ります。

メンバーはそのリージョンの開催する
全てのトレーニングに参加します。

チャプターでこなした役割のリボンを名札にたくさんつけたメンバーに、
よく出会います。

ビジター・ホスト、エデュケーション・コーディネーター、
リーダーシップチームなどなど。

メンバーのほとんどは、
BNIコネクトのプロフィールを、
推薦文、名札の内容、CEUポイントを含めて、
全て書き込んでいます。

オンラインで活発にリファーラルを交わし、
チャプターのミーティングで毎週報告しています。

電撃的とも言えるほどエキサイティングなチャプターです。

このフェーズにあるチャプターは、
エネルギーと意欲が漲っています。

ディレクターが示すアイデアを取り入れようとします。

1-2-1を積極的に行います。

とても大事ですね。

そして、たいていの場合、
チャプターの雰囲気はとてもフレンドリーです。

サポート、プラス思考を大事にする素晴らしい組織風土があります。

自分たちのビジネスに束縛されず、
活動を楽しみ、周りの人と密接な信頼関係を築いています。

とても仲良くやっています。

「好調」のグループが大好きです。

「好調」のグループこそ、
BNIを始めたときに私が作りたかったものです。

「維持」のグループ。

「維持」のグループは、
幾分独りよがりになっているかもしれません。

ありがちなのが、もともと「好調」だったのに、
成功するための輝きを失ってしまったケース。

あるいは、規模の小さなチャプターだったら、
成長をあきらめて現状に甘んじてしまったのかもしれません。

このフェーズにあるチャプターは、
往々にして自分たちは大丈夫だと信じています。

自分たちは大丈夫だ、悪くない、
特に問題だって起きていない。

なので、特に何をする必要もない、と。

手に入れ、こなしているビジネスの量も、
問題ないと感じているかもしれません。

非常に良いとは言えないけど、まずまずだ、と。

ディレクターの提案は、受け入れるものもありますが、
多くは受け流します。

自分たちには関係ないと思っているからです。

あるいは、自分たちの方が良く知っていると。

BNIの方針、ミーティングの枠組みには概ね従いますが、
全てではありません。

熱意や精神を失ってしまったか、失いつつあります。

ジム・コリンズが
「Good to Great(邦訳:ビジョナリー・カンパニー2―飛躍の法則)」
で書いた話です。

「『良い』の敵は?」。

皆、「悪い」だと言います。

でも、答えは違います。

「非常に良い」の敵は―間違えました。

質問は、「『非常に良い』の敵は?」ですね。

ほとんどの人は「悪い」と答えます。

でも、「『非常に良い』の敵は?」の正しい答えは、「良い」です。

あるいは「悪くない」。

「良い」は、「非常に良い」の敵なんです。

「それでいいんじゃない?」
と人が言うのを聞いたことがありますね。

「それで大丈夫だよ」と。

往々にして、そしてBNIでは間違いなく、
「良い」は「非常に良い」の敵です。

「維持」のチャプターは、多くが良いチャプター。

でも、「好調」のチャプターは、非常に良いチャプターです。

さて、「低迷」のチャプターの話がどんなものかはお分かりですね。

このフェーズにあるチャプターは、
たいてい多くの問題を抱えています。

考え方、リファーラル、出席状況。

問題はこのうちのどれかだったり、全てだったりします。

ほとんどのケースで、出席率はこれまでに述べてきた
他のフェーズにあるグループよりも低いでしょう。

残念なことに、ほとんどのメンバーは問題にフォーカスし、
解決法には目が向いていません。

最近、人にはエンジンの人とブレーキの人がいて、
エンジンの人たちはたいてい解決法に目を向ける、
という話をしましたね。

解決法ではなく、問題にフォーカスするチャプターは、
問題の専門家になりがちです。

それが当たり前のグループになってしまう。

「どうしたら解決できるだろう?」ではなくね。

こういったグループは、
アジェンダ、組織、方針にあまり従いません。

地域のディレクターを、
リソースや自分たちをサポートしてくれるコーチではなく、
部外者と考えがちです。

さて、まずすべきことは、
自分たちの今いるフェーズを認識すること。

そして、ディレクターに連絡を取ってください。

「好調」の維持、あるいは「維持」「低迷」からの脱却を
サポートしてもらうためです。

どんなチャプターも、これらのフェーズを経験します。

プリシラ、あなたのチャプターもそうでしたね。

私も、こういったフェーズを経験している、
とても多くのチャプターの面倒を見てきました。

本当に成功しているチャプターは、
「好調」のフェーズに留まる時間が、
他のフェーズより長いものです。

このポッドキャストのページにアップロードしておきます。

チャプター評価ワークシートです。

このワークシートをやってみて、
「維持」や「低迷」だったら、ディレクターと連絡を取って、
どうしたら素晴らしいチャプターになれるのか、相談してください。

自分たちのグループの状態を知るのに、
メンバー全員にこのワークシートを
やってもらうのも良いかもしれません。

ワークシートはこのポッドキャストのページに
アップロードしておきます。

今や、BNIは何十もの国に何千ものグループがあります。

これだけ多くのグループがあって、
グループがしっかり機能するには、
情熱、組織、責任感、風土の取り合わせが必要、ということです。

無駄に自分勝手なやり方をしないでください。

BNIが提供するツールとシステムで、
チャプターは上手くいくはずです。

というわけで、自分のグループの評価をしてみてください。

このポッドキャストのページにアップロードしておく
ワークシートをやってみるよう、
メンバーに指示するといいかもしれません。

プリシラ、何か意見があったらぜひ聞かせてください。

その後に、最後のコメントをします。

 

 

プリシラ:
そうですね、このワークシートを
エデュケーショナル・モーメントで記入するのは、適切ですか?

 

 

アイヴァン:
もちろんです。とても素晴らしい評価です。

自己評価ツールですね。

チャプターの全メンバーが記入するのはいいのですが、
必要なのは―私なら、前もってメンバーに伝えておきます。

「来週、私たちのチャプターを評価します。
ワークシートを配るので、ミーティング中に3分から5分時間を取ります。
皆さんのご協力をお願いします。その後回収し、結果を集計します」。

エデュケーショナル・コーディネーターには
少々の負担になりますが、非常に価値のあるものです。

というわけで、質問への答えはイエスですが、
準備して行うのが良いでしょう。

私なら、その場で急に渡すことはしません。

 

 

プリシラ:
なるほど。分かりました。

 

 

アイヴァン:
さて、そろそろ時間切れだと思います。

最後に言っておきたいことがあります。

2つですね。

チャプター・サイクルについて、
ぜひ皆さんの意見をお聞かせください。

こういうサイクルを経験してきましたか?

「維持」「低迷」だったのが、今は「好調」になっているとしたら、
メンバーには聞いておくべき話です。

ぜひお願いします。

もし、自分のグループがかつて「維持」「低迷」だったなら、
「好調」になるためにどんなことをしたのか、教えてください。

メンバーから話を聞くのは、私のポッドキャストと同じくらい、
あるいはそれよりも価値のあることです。

成功するために、情熱は欠かせません。

でも、情熱と同じくらい大事なもの。

私自身は、情熱だけでは結果に結び付かないと思っています。

情熱と、高い意識を持った取り組み。

これが、結果を出してくれます。

BNIに対する情熱に、高い意識での取り組みが加われば、
チャプターは「維持」「低迷」から「好調」へと、
予想を裏切るスピードで移行できるでしょう。

これこそ、私が30年以上前にBNIを作った時、
思い描いていた組織です。

ありがとう、プリシラ。

 

 

プリシラ:
マイズナー博士、ありがとうございました。

繰り返しになりますが、このポッドキャストは、
NetworkingNow.comがお届けしています。

NetworkingNow.comは、
ネットワーキング関連のダウンロードコンテンツを提供する、
業界屈指のウェブサイトです。

お聴きいただき、ありがとうございます。

プリシラ・ライスでした。

また来週、BNI公式ポッドキャストの楽しいエピソードで
お会いできるのを心待ちにしています。

 

 




 

 

Priscilla:
Hello everyone and welcome back

to the Official BNI Podcast,

brought to you by NetworkingNow.com,

which is the leading site on the net for networking downloadables.

 

I am Priscilla Rice, and I am coming to you

from Live Oak Recording Studio in Berkeley, California.

 

I am joined on the phone today

by the Founder and the Chief Visionary Officer of BNI, Dr. Ivan Misner.

 

Hello, Ivan. How are you and where are you?

 

 

Ivan:
This week, I am in Houston and in Boston.

 

You didn’t know that they were real close to each other, did you?

 

 

Priscilla:

No, I did not know that.

 

 

Ivan:
I am doing BNI things for both Houston and Boston.

 

I’ll be traveling a little bit. I love the topic today.

 

 

Priscilla:
Olay. Help us with this one.

 

 

Ivan:
If your chapter has ever gone through a cycle

and if your chapter has been around for a couple years,

it has probably gone through the cycle.

 

This is all about a life chapter cycle,

so I would recommend you go to BNI podcast

and do a search on chapter cycles.

 

You will find some additional information

on chapter cycles here.

 

Plus, I just came up with these three phrases recently,

and I think they perfectly identify where chapters are within the cycle process

and it is so easy to remember and so easy to understand.

 

You walk into some chapters and they are on fire.

 

They are energized, goal-oriented.

 

They are thriving, and most importantly,

they are referring high dollar value or high revenue value

in thank you for closed business values,

while others are basically on hold.

 

They are just kind of going through the motions,

doing the minimum, getting average results.

 

Then there those others who are in a hole.

 

They are struggling with attendance.

 

They are not holding others accountable.

 

They are not excited,

and they are having difficulty maintaining a strong membership.

 

So if you are listening to this,

what I would like for you to do is to stop

for a moment and think for yourself.

 

Where is your group right now relating to these three stages?

 

Be honest.

 

Where do you think your group stands?

 

If you think your group is on fire,

then let me congratulate you.

 

That was my vision for what a great BNI experience should be about.

 

If your group is on hold, trust me

when I say that it doesn’t take a lot to move from this stage to on fire.

 

I have seen many groups do that in a short period of time.

 

If your group is in a hole, don’t despair.

 

It is going to be an incredible group.

 

Believe me.

 

I have seen it.

 

The exciting thing is it is actually possible

to leapfrog over the middle, from being in a hold

to leapfrog to being on fire fairly quickly with the right membership team

and full commitment from your members.

 

Just know that all groups go through this cycle.

 

It happens; it’s okay.

 

They key is to recognize the cycle

and know when it is time for you

to move out of one cycle and go to another.

 

Why accept mediocrity when excellence is an option?

 

Excellence is an option in all BNI chapters all around the world.

 

So let’s look at the types of groups real quickly here.

 

On fire groups- these are chapters that are not willing

to settle for mediocrity.

 

They are the biggest.

 

They are the best.

 

Or if they are not the biggest

and the best, they are working toward

and striving to be the biggest and the best,

the most productive chapters for members to be in.

 

Their leadership teams are committed to BNI’s policies,

guidelines and systems.

 

Their members attend virtually all of the trainings offered

by the local region.

 

Often several times, you will find members attached things

to their badges denoting all of the different roles they have played

in the chapter- visitor host, education coordinator, leadership team, etc.

 

Most of the members of these groups have fully completed their BNI Connect profile

on BNI Connect, including member testimonials,

badges and CEUs.

 

They are actively passing referrals online

and reporting them to the chapter each week.

 

The excitement level of chapters like this is electric.

 

Chapters in this phase just exude energy and positive attitude.

 

They are likely to try to use the ideas that the Directors give.

 

They effectively do 1-2-1s, that is a really important one.

 

And they tend to operate in a really friendly environment.

 

They have great culture, support and positivity.

 

They don’t let their business obstruct their way of having fun

and developing close relationships.

 

They are really good to be around.

 

I really love on fire groups.

 

On fire groups are what I meant to create when I started BNI.

 

On hold.

 

On hold groups have become somewhat complacent.

 

They have oftentimes been on fire

and they lost that spark that made them successful

or maybe they may be a smaller chapter

who has begun to give up on growth and they have accepted status quo.

 

The chapter that is going through this phase tends

to believe that they are okay.

 

They’re okay.

 

Not bad, no pressing problems.

 

There is not that much that we need to do.

 

You know, the business they are getting and doing is okay.

 

It may not be great but it is alright.

 

They may take a few suggestions offered by the Director,

but they usually dismiss a number of suggestions

because they don’t think it applies to them.

 

They know better.

 

They tend to follow many but not all of the policies

and basic structure of the meetings,

but they have have lost or are losing their enthusiasm or spirit.

 

It was Jim Collins in Good to Great who said,

“What is the enemy of good?”

 

People would say, well, bad.

 

That is not the answer.

 

The enemy of great- correction.

 

The question is “What is the enemy of great?”

and most people answer “bad”.

 

The answer to what is the enemy of great is good.

 

Not bad.

 

Good is the enemy of great.

 

You have heard people say it.

 

“That is good enough.” “That will work.”

 

Oftentimes, and certainly in BNI,

good is the enemy of great.

 

On hold is often good, but on fire is great.

 

Of course, I think you know where we are going with “in a hole.”

 

Chapters is this phase tend to have numerous problems.

 

It could be any one of these or all of them:

attitudes, referrals, attendance.

 

Almost always, attendance is lower than the groups

in the other phases that I have discussed.

 

Unfortunately, most of the membership is focused on the problem

and not on the solution.

 

We talked about aligning ourselves

with people who are either engines or anchors.

 

The [engines] tend to align themselves with solutions.

 

The chapters that tend to focus on problems instead

of solutions tend to become experts on problems.

 

That is where they live as a group instead of

“How do we get to a solution?”

 

They tend not to follow the agenda,

structure and policy very well.

 

They tend to view their local Director

as an outsider instead of a resource and a coach to support.

 

By the way, the process begins with identifying the phase

that you are in and in contacting your Director

for getting help to stay in on fire states,

or help to on hold, or in a hole.

 

All chapters go through these phases, Priscilla.

 

I know your chapter has.

 

I have managed many, many chapters who have –

the really successful chapters tend to spend more time

in the on fire phase than in the other two phases.

 

I am going to include in this podcast.

 

It is called the Rate Your Chapter Worksheet.

 

If you do this and you determine that you are on hold or in a hole,

I want you to contact your Director and get some suggestions

on how you can help your group achieve excellence.

 

One way to kind of determine where you are at is have all

of your members complete this chapter worksheet

that I am going to include with this podcast.

 

We have thousands of groups now in dozens of countries.

 

With that many groups,

we have landed on the right combination of passion,

structure, accountability and culture to make the groups work.

 

Don’t reinvent the wheel, everyone.

 

The process works really well for chapters with the tools

and the systems that we provide.

 

So do a little assessment of your group,

maybe direct them to complete this

form that I am going to include here.

 

I would love to hear your thoughts

and then I will have a closing thought for you, Priscilla.

 

 

Priscilla:
Well, do you think that using that form is appropriate

for an educational moment?

 

 

Ivan:
Absolutely. It’s a great assessment.

 

It’s a self assessment tool.

 

All of the members of the chapter just fill it out,

but you know, you will need to-

what I would do is prep everyone and tell them.

 

“Next week, we are going to do this to rate your chapter.

 

I will hand it out and we will take three to five minutes during the meeting.

 

Have everyone collect that, if you would please.

 

Then I am going to collect them and calculate the results.”

 

I think that it takes a little bit of work

for the educational coordinator to do

but it is really, really valuable.

 

So yes, but I would prep them.

 

I wouldn’t just throw it at them.

 

 

Priscilla:
Okay. Alright.

 

 

Ivan:
So we are probably out of time.

 

Let me leave you with one last thought.

 

There are two things, actually.

 

I would love to hear your thoughts about chapter cycles.

 

Have you experienced them?

 

And for those of you who were in a hold or on hold

and are now on fire, people need to hear from you.

 

They really need to hear from you.

 

So if your group was on hold or in a hole,

talk about what your group did to get on fire.

 

I think that is probably as valuable or more valuable than my podcast,

hearing it from members.

 

I think passion is really important to success,

but as important as passion in to success,

I really believe that passion alone does not produce results.

 

Passion and commitment produce results.

 

Take the passion that you have for BNI,

attach some commitment to it and your chapter will go

from on hold or in a hole to on fire faster than you thought possible.

 

That is the kind of organization

that I was trying to start over 30 years ago

when I started BNI.

 

Thanks, Priscilla.

 

 

Priscilla:
Thank you so much, Dr. Misner.

 

Okay, I would just like to remind the listeners

that this podcast has been brought to you by NetworkingNow.com,

the leading site on the net for networking downloadables.

 

Thank you so much for listening.

 

This is Priscilla Rice and we hope you will join us next week

for another exciting episode of the Official BNI Podcast.

Copyright© 2017, BNI All Rights Reserved.

〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-21-1ダイヤビル303
ビジネス&コミュニティ横浜駅前オフィス 内