エピソード479:あなたの周りの人は、エンジン?それともブレーキ?

2016-11-29

Episode 479: Are the People in Your Life an Engine or an Anchor?



 

エピソード479:あなたの周りの人は、エンジン?それともブレーキ?

※原文は日本語の下に掲載されております

プリシラ:
みなさんこんにちは。

BNIの公式ポッドキャストへようこそ。

このポッドキャストは、
NetworkingNow.comがお届けしています。

NetworkingNow.comは、
ネットワーキング関連のダウンロードコンテンツを提供する、
業界屈指のウェブサイトです。

私はプリシラ・ライスです。

カリフォルニア、バークレーの
ライブ・オーク・レコーディング・スタジオからお送りしています。

今日もBNIの創立者で
チーフ・ビジョナリー・オフィサーのアイヴァン・マイズナー博士と
電話がつながっています。

アイヴァン、こんにちは。ご機嫌いかがですか。

そして今日はどちらにおいでですか?

 

 

アイヴァン:
こんにちは、プリシラ。とても元気です。

今週は出張の合間にオースティンにいます。

先週はカナダのトロントに行っていましたし、
来週はボストンに行きます。

出張と出張の間です。

今日は家に戻っています。

 

 

プリシラ:
それはいいですね。

さて、今日のポッドキャストについて教えて頂けますか?

 

 

アイヴァン:
とても気に入っている話題です。

しばらく前に書いたブログの内容に基づいた話です。

こんなタイトルでした。

「あなたの周りの人は、エンジン?それとも、ブレーキ?」。

説明しましょう。

ずいぶん前から、私の周りにはプラス思考で、
人を喜んでサポートする人たちがいる、
ということを意識していました。

ぜひ一緒にいたいと思える人たちです。

人生で起こる問題に対して、
解決方法にフォーカスする人たち、そうしようとする人たち。

挑戦を厭わず、自分が成功すると信じている人たちです。

こういった人たちは、私にとってのエンジンです。

私が前に進む原動力になってくれます。

一方、こんな人たちがいるのも意識していました。

あなたの周りにもいると思いますが、
まるでオリンピックの騒ぎのように文句を言う人。

念のために言っておくと、
オリンピックはどこでも開催されていません。

否定的で、わざわざ議論をけしかけ、
問題のことで頭がいっぱい。

こういった人たちとは、過ごす時間を短くするようになりました。

どんなことに挑戦しようにも、間違いばかりに注目するからです。

とても大事なことです。

問題ばかりに注目していたら、問題の専門家になれます。

でも、解決法の専門家にはなれません。

こういう人たちが、ブレーキです。

一緒にいると足かせになり、気が重くなります。

というわけで、これが皆さんへの今日の質問。

「あなたの周りにいる人たちは、どんな人たちですか?
エンジンですか、ブレーキですか?」。

しばらく前に収録した素晴らしいポッドキャストがあります。

お勧めです。

エピソード358、「あなたの部屋にいる人は?(Who Is in Your Room?)」。

人生において、自分の周りに現れる人たちの話です。

その人たちは、この先の人生でも何らかの形で関わってくるでしょう。

いうなれば、その人たちを部屋から追い出すことはできたにしても、
頭の中からは追い出せません。

自分に対して、何らかのインパクトを与えます。

この話を聞いてこのコンセプトに興味を持ってもらえたら、
エピソード358に行ってみてください。

「あなたの部屋にいる人は?(Who Is in Your Room?)」です。

人生において、自分の周りに現れる人がエンジンか、
ブレーキかを考えるのは、誰にとっても大事なことでしょう。

自分の周りの人たちと強力なネットワークを築こうとしているのなら、
なおさらです。

あなたのネットワークには、
エンジンがたくさんいますか?

あなたの人生やキャリアで、
次のレベルに行けるようサポートしてくれる人たち。

あるいは、ブレーキですか?

問題、もめごと、文句ばかりであなたを気落ちさせる人たち。

前に進もうとするのを、押しとどめる人たちです。

BNIでも、とても大事なことです。

チャプターの他のメンバーや、
チャプターに入ってほしいと思っている人を見てみてください。

その人たちは、エンジンですか、ブレーキですか?

とても面白い事実があります。

おかしなことに、自分をブレーキだと思っている人は誰もいません。

一人たりとも。

「そう、私はブレーキなんです」なんていう人は、一人もいません。

エンジンとブレーキのどちらに近いかという話をしたら、
どんな返事が返ってくるか、分かりますか?

エンジンだと言うでしょう。

決まって、そう言います。

あなたがしている話、あるいはチャプターかもしれませんが、
その話の先に進みたくないので、そういう答え方をするわけです。

さらに踏み込んで話をすると―
本題からは逸れますが、
こういう人たちはモーターが付いたブレーキです。

ブレーキには違いありません。

でも、自分がブレーキだという人はいません。

「私はエンジンです。
でも、あなたが進んでいる方向は間違っています。
行くべき方向はこっちです」と。

そして、解決法を見つけ、チームで力を合わせる代わりに、
そこらじゅうを混乱させる。

私のアドヴァイスはこれです。

総員甲板に集合して、全ての錨を切り離すこと。

人生、そしてチャプターのブレーキになる錨です。

エンジンになる仲間と組んでください。

ポジティブな方向に、フルスピードで向かってください。

自分のプライベートなネットワーク、ビジネス・ネットワーク、
それに、それらを支えてくれるBNIチャプターの成長を、
後押ししてくれる方向です。

これが、今日のメッセージです。

 

 

プリシラ:
素晴らしいメッセージだと思います。

感謝します。

私も、昔はブレーキをたくさん引き寄せていました。

でも、今は違います。身の回りを一掃して―

 

 

アイヴァン:
その通り、身の回りをきれいにするのは大事なことです。

自分の周りに現れる人たち、
エンジン、ブレーキのコンセプトを意識するまでには、
長い時間が必要でした。

私のヘルプを必要としていた人たちが、
ブレーキだったこともあります。

助けようとしていたにも関わらず、
隙あらば自分たちもろとも私を引き降ろそうとする。

そういった人たちを、
今は前より少し早く見分けられるようになりました。

 

 

プリシラ:
分かります。歳と共に見えてくるものですね。

 

 

アイヴァン:
その通り。いかにブレーキを切り離して前に進むか。

かつて、若い従業員にこのような話をしたことがあります。

そうしたら言われたのが、
「それは意地悪ですね。厳しいというか。
気配りがないように思います」。

そうかもしれませんが、経験を積んでください。

人生は短いもの。

プラス思考で、自分を支えてくれ、
わくわくさせてくれる人と働きたいと思うのは当たり前です。

それに、分かりませんよ。

ブレーキは他の人にとってはエンジンかもしれませんし、
状況が違えばブレーキではないかもしれません。

もう一つ。

人生には、ブレーキになりがちな時もおとずれます。

健康問題を抱えているときもあれば、
個人的な問題があるときもあります。

金銭問題とか。

あるいは離婚や相手と別れたとか、そういう類の問題。

とても素晴らしい人たちが、
そういった個人的な問題で沈んでいくのを見て来ました。

そういうのは理解できます。

これは別の問題です。

広い心で接することが大事ですが、
自分がのまれないようにしなければなりません。

広い心で接して、落ち着いたら、
自分の部屋の中にまた戻ってもらう。

でも、これは、私がここで話をしようとしている人たちとは別です。

皆さん分かっていると思いますが。

 

 

プリシラ:
なるほど。

私たちのチャプターには、
今そういったブレーキの人たちはいませんね。

皆エンジンです。

皆で同じ方向に進んでいます。

 

 

アイヴァン:
それは素晴らしい。

気をつけなければならないのは―
最近、ポッドキャストでこの話をしたと思いますが―
短距離走ではなく、マラソンだということです。

エンジンとブレーキで言うなら、
このエンジンは長い時間走らなければならないということ。

回転数を上げて、100マイルを1時間で走るというものではありません。

ゆっくり、確実に信頼関係を築く。

これが、すべきことです。

チャプターで話をするのに、もってこいの内容ですね。

それに、リーダーシップチームで
テーブルを囲んで話をすると良いでしょう。

「エンジンは誰か?チャプターを引っ張っているのは誰か?
それを引き止めているのは誰か?」。

それで、本人と話をしてください。
「エンジンになってもらうために、お手伝いできることはありませんか」。

お払い箱にしてはいけません。チャンスをあげてください。
「チャプターのエンジンになってもらうために、
お手伝いできることはないですか。
文句や問題がたくさんあるようですが、
もっといい解決法があると思います」。

相手の出方をうかがい、
相手が変わろうとしているか見てください。

私はこれまでに、
こうやって変わろうとする人たちを目にしてきています。

 

 

プリシラ:
おっしゃっていましたが、時としてそういった人たちは、
自分自身のしていることに気づいていませんよね。

なので、ネガティブなので、もう少しポジティブにならないといけないよ、
と指摘してあげたら、変わることができます。

 

 

アイヴァン:
その通り。

そして、これは相手に心配りをしながら行わなければなりません。

 

 

プリシラ:
なるほど。

 

 

アイヴァン:
組織の方針は大事ですが、
ファシストのように押し付けないこと。

厳しい愛情が一番良い方法です。

そろそろ時間ですね、プリシラ。

ポッドキャストのホストを長く務め、
素晴らしい仕事をしてもらっています。

ありがとうございます。感謝しています。

 

 

プリシラ:
どういたしまして。

とても好きな仕事です。

マイズナー博士、ありがとうございました。

今週はここまでですね。

繰り返しになりますが、このポッドキャストは、
NetworkingNow.comがお届けしています。

NetworkingNow.comは、
ネットワーキング関連のダウンロードコンテンツを提供する、
業界屈指のウェブサイトです。

お聴きいただき、ありがとうございます。

プリシラ・ライスでした。

また来週、BNI公式ポッドキャストの楽しいエピソードで
お会いできるのを心待ちにしています。

 

 




 

 

Priscilla:
Hello everyone and welcome back

to the Official BNI Podcast,

brought to you by NetworkingNow.com,

which is the leading site on the net for networking downloadables.

 

I am Priscilla Rice, and I am coming to you

from Live Oak Recording Studio in Berkeley, California.

 

I am joined on the phone today

by the Founder and the Chief Visionary Officer of BNI, Dr. Ivan Misner.

 

Hello, Ivan. How are you and where are you?

 

 

Ivan:
Hi Priscilla. I’m doing great.

 

This week, I am actually in Austin in between trips.

 

Last week, I was in Toronto, Canada

and next week, I am headed to Boston.

 

I am in between trips this week. I actually get to see my house.

 

 

Priscilla:
Well, that’s great.

 

Okay, so tell us a little bit about this podcast.

 

 

Ivan:
I love this topic and it is based on a blog that I did a little while ago.

 

The blog is entitled

“Are the People in Your Life and Engine or an Anchor?”

 

Let me explain that.

 

Over the years, I have recognized

that there are people who are positive and supportive individuals

that I really want to be around.

 

They are solutions-focused relating to most

of the problems in their lives or tend to be.

 

They are almost always willing to talk through challenges

with a positive end in mind.

 

These people are engines.

 

They tend to motivate me to drive forward.

 

I have also noticed, as I am sure that you have,

that there are people who complain like it is an Olympic event.

 

And for the record, it is not.

 

It is not an Olympic event.

 

They are negative, argumentative and obsessed with problems.

 

I have learned to limit the time I spend with these people

because they focus on all of the things

that are wrong relating to most challenges.

 

This is really important.

 

If all someone does is focus on problems,

they become an expert on the problem but not on the solution.

 

They are the anchors.

 

They hold me back and weigh me down.

 

So my question to everyone today is who do you surround yourself with-

engines or anchors?

 

Now, there is a great podcast that I did some time ago

that I really recommend.

 

It is episode 358, Who Is in Your Room?

 

I talk about the people who are in your life.

 

They are there in one way or another for the rest of your life.

 

It’s a metaphor.

 

You may be able to get them out of your room

but you can never get them out of your head.

 

So they are certainly going to impact you.

 

If you are listening to this and like this concept,

go back to episode 358 about Who Is in Your Room?

 

I think it is important for everyone

to think about the people who are in their life

and whether they are an anchor or an engine,

particularly if they want to build a powerful personal network

with the people around you.

 

Is your personal network full of people who are engines,

helping you go to the next level in your life or your career,

or are they anchors, bringing you down with a plethora of problems,

issues, complaints.

 

Do they hold you back or drive you forward?

 

This is really important in BNI.

 

You have to look at the others members of the chapter

and the people that you want to bring into a chapter.

 

Are they engines or are they anchors?

 

Here is something that I think is particularly interesting, Priscilla.

 

They funny thing is that no one thinks they are an anchor.

 

No one.

 

No one is going to tell you, “ Oh yeah. I’m an anchor.”

 

You know what they will tell you

if you do the engine-anchor analogy with them?

 

They will tell you that they are an engine.

 

They will always tell you that they are an engine.

 

They just don’t like the direction that you are going

or that the chapter is going and that is why they come across they way they do.

 

Let me just go on the record and say that for the record,

they are anchors with a motor attached.

 

They are anchors.

 

Nobody ever says they are an anchor.

“I am an engine. I just don’t like where you are going.

I want to go this way instead.”

 

And they create chaos all around them instead of trying to create solutions

and teamwork.

 

So my advice is call all hands on deck

and cut loose all anchors in your life and in your chapters.

 

Partner up with your fellow engines.

 

Go full speed ahead in a positive direction

to help build your personal network,

you professional network and your BNI chapter,

which supports your personal and professional network.

 

That is my message for today.

 

 

Priscilla:
That is a good one.

 

I appreciate that.

 

I used to attract a lot of anchors,

but not anymore. I cleaned house and –

 

 

Ivan:
Yeah, it is important to clean house.

 

It took me a lot of gray hair to figure out the whole concept

of who is in your room and engines and anchors.

 

Sometimes they were an anchor and they needed help.

 

I would try to help them and they would pull me down

with them if at all possible.

 

I learned to recognize those kinds

of individuals a little bit sooner than I used to.

 

 

Priscilla:
Yeah. Yeah.

 

That comes with age, I think.

 

 

Ivan:
Yeah, yeah.

 

Cut anchor and move on.

 

I have had these types of conversations

with young employees in the past and they were like,

“Oh, you are just being mean or you are just being tough.

It doesn’t feel very caring.”

 

Yeah, well, go around the block a few times.

 

Life is too short and you want to work

with people who are positive and supportive and excited.

 

And who knows?

 

Maybe an anchor will be an engine for someone else

and not just an anchor in a different situation.

 

Here is another thing.

 

People go through times in their life

when they are more of an anchor.

 

Sometimes there are health issues, or personal problems.

 

Maybe financial.

 

The person could be going through a divorce or a breakup

of some kind.

 

I have seen really good people just sink

because of some personal issues.

 

I get that. That is different.

 

You have to give those people a little bit more grace

but don’t let them drown you.

 

You have to give them a little bit more grace

and you can let them back into your room

when things chill out a little bit there for them.

 

But those are different than the kind of people that I am talking about.

 

I think we all know what I am talking about.

 

 

Priscilla:
Okay, well, I can say that our chapter has no anchors in it now.

 

It is all engines.

 

All going the same direction, chugging along.

 

 

Ivan:
That is fantastic. You have to remember –

and I know we talked about this is a podcast recently-

this is a marathon, not a sprint.

 

If you do the anchor-engine analogy,

this anchor needs to run a long time.

 

You don’t need to rev it up and go 100 miles an hour.

 

Slow and steady building relationships.

 

That is the way to do it.

 

This is a good topic to present at a chapter

and also for a leadership team to sit down and say,

“Who are our engines? Who is really diving this chapter forward

and who is holding it back?”

 

And have a conversation,

“How can we help you become an engine?”

 

Don’t just cut people loose.

 

Give them an opportunity.

“How can we help you become an engine?

There have been a lot of complaints

and problems and there is a better solution, I think.”

 

See what their answer is and see if they are willing to change.

 

I have seen some people be willing to make that change.

 

 

Priscilla:
Like you said, sometimes they aren’t even aware of it.

 

So if you just point out to them that they are a little bit negative

and you need some positive reinforcement, they can change that way.

 

 

Ivan:
Yeah. And if you do it in a caring way.

 

 

Priscilla:
Right.

 

 

Ivan:
I say our policies are important,

but you don’t have to apply them like a fascist.

 

Tough love is a great way to do it.

 

I think we are probably out of time, Priscilla.

 

Thanks a lot for continuing to do such a great job hosting this podcast.

 

I appreciate it.

 

 

Priscilla:
It’s my pleasure.

 

I love it. Okay, well, thank you, Dr. Misner.

 

I think that is it for this week.

 

I would just like to remind the listeners

that this podcast has been brought to you by NetworkingNow.com,

the leading site on the net for networking downloadables.

 

Thanks so much for listening.

 

This is Priscilla Rice and we hope you will join us next week

for another exciting episode of the Official BNI Podcast.

Copyright© 2017, BNI All Rights Reserved.

〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-21-1ダイヤビル303
ビジネス&コミュニティ横浜駅前オフィス 内