エピソード459: ルール、ルール、どこにもそこにもルールばかり

2016-07-05

Episode 459: Rules, Rules, Everywhere a Rule!



 

参考動画



 

エピソード459: ルール、ルール、どこにもそこにもルールばかり

※原文は日本語の下に掲載されております

 

 

プリシラ:
みなさんこんにちは。BNIの公式ポッドキャストへようこそ。

このポッドキャストは、NetworkingNow.comがお届けしています。

NetworkingNow.comは、ネットワーキング関連の
ダウンロードコンテンツを提供する、業界屈指のウェブサイトです。

私はプリシラ・ライスです。

カリフォルニア、バークレーの
ライブ・オーク・レコーディング・スタジオから
お送りしています。

今日もBNIの創立者でチーフ・ビジョナリー・オフィサーの
アイヴァン・マイズナー博士と電話がつながっています。

アイヴァン、こんにちは。ご機嫌いかがですか。

そして、今日はどちらにおいでですか?

 

 

アイヴァン:
こんにちは、プリシラ。まだイタリアにいます。

今日はローマでBNIのメンバーやディレクターと会っています。

イアリアのBNIは素晴らしいですね。

立派なメンバー、ディレクターに恵まれています。

BNIの仕事でここに来るのは初めてですが、
とてもわくわくしています。

素晴らしいの一言です。

 

 

プリシラ:
いいですね。

さて、この「ルール、ルール、どこにもそこにもルールばかり」。
どういう話ですか?

 

 

アイヴァン:
「ルール、ルール、どこにもそこにもルールばかり
(Rules, Rules, Everywhere a Rule.)」。

このタイトルは思いつきです。

70年代に青春時代を過ごした人間ですから。

高校に行ったのは70年代初頭ですが、
「どこにもそこにも標識ばかり
(Signs, Signs, Everywhere a Sign)」という歌がありました。

ファイブ・マン・エレクトリカル・バンドです。

ロックの曲ですね。今日のポッドキャストのタイトルは、
「どこにもそこにも標識ばかり」から来ています。

 

ルール、ルールというのはBNIのことです。

BNIはルールが多い、というコメントをよく聞きます。

ルール、ルール。BNIはルールばかりだと。

 

今日はそれにお答えします。

そのとおり。BNIにはルールがたくさんあります。

ルールがある理由、
それはネットワーキング組織として成功するために、
ルールが欠かせないからです。

ところで、以前ポッドキャストでお話しましたね。

「メンバーのルールは全てメンバーによって、
国際顧問理事会を通じて作成または承認されている」と。

国際顧問理事会は、私が今いるイタリアも含め、
世界中のメンバーで構成されています。

ガイドラインも方針も、全てメンバーの手でつくられてきました。

 

何百人、何千人の起業家が世界中で毎週集まりますが、
これは少し猫の集まりに似ています。

経営者は、何しろルールが大嫌いですから。

その気持ちは、よくわかります。

でも、目的あってのルールです。

ルールのないアイスホッケーは、
さしずめ氷上のボクシングでしょう。

ルールのないBNIは、テーブルのない井戸端会議と変わりません。

 

ルールがあるのは、プロセス、構造を支え、
チームの目的達成を後押しするためです。

毎週のネットワーキング・プログラムを成功させたければ、
構造のしっかりしたシステムが必要です。

 

私の本「Masters of Success」では、
大きな成功を収めたたくさんの人にインタビューを行いました。

インタビューをした人たちに共通していたことの一つ。

それは、成功した人たちは、
結果を出すためのシステムづくりをしてきた、
ということです。

 

BNIもシステムです。

正しく運用されれば、大きな結果が得られます。

そして、それは構造がしっかりしているからこそ、
得られる結果です。

構造があるにもかかわらず出る結果、ではありません。

ただ、ルールの運用については、さらに議論が必要でしょう。

私はシステムやプロセス、
すなわち方針に従うことが重要だと固く信じています。

ただし、BNIのやり方はファシストとは違います。

これはとても大事な点です。

 

BNIのやり方はファシストとは違います。

こう言うと、周りの人とは別の方向を向いても良い、
と言っているように聞こえるかもしれませんが、
それは誤りです。

そうではありません。

厳しい愛情を持った運用が必要だ、という話です。

構造、システムの運用には、メンバーに対するケア、
細心のケアが欠かせません。

ムッソリーニではなく、マンデラのやり方です。

 

間違ったことをしているから除名だ、ではなく、
チャプターのリーダーシップチームには、
こんなやり方をお勧めします。

まず、そのメンバーに
「改善が必要です」と明確に伝えてください。
その上で、こう尋ねてください。

「そうするために、我々にできることがありますか?」と。

私たちがサポートできることは何ですか?と。

 

とても効果的な方法です。

妥協は無用です。

責任はそのメンバーにあります。

その上で、ケアとサポートを提供するわけです。

しっかり責任を自覚してもらった上での、ケアとサポートです。

 

高みを目指す機会が開けているときに、
凡庸に甘んじる手はありません。

BNIには、その機会があります。

そしてそれは、グループの厳しい愛情で達成できるものです。

ところで、リーダーシップチームのやり方が厳しすぎ、
甘すぎと思う人がいたら、
自分でリーダーシップチームに立候補してみてください。

 

メンバーを気遣い、それでいて責任を持たせるのは、
体得に時間のかかる技術です。

リーダーシップチームの仕事をサポートし、
チームに立候補してみてください。

「サポートのない批判は破壊的。批判のないサポートは建設的」です。

 

 

チャプターをサポートしてください。

責任感があり、厳しい愛情を持って取り組めると思ったら、
リーダーシップチームに立候補してみてください。

ところで、リーダーシップチームに
反感を持つことがあるかもしれません。

不愉快に思うこともありますので。

例えば、ユーモアを交えて言おうとしたことが、
皮肉に聞こえるようなときです。

あるいは、リーダーシップチームは、
時としてアグレッシブな物言いをすることがあるかもしれません。

でもそれは、自分の仲間に責任を自覚させなければならず、
神経質になっているからです。

 

 

というわけで、暖かい目で見守ってあげてください。

そしてリーダーシップチームに入り、
厳しい愛情の実践方法や、
一貫性をもった方針適用のあり方を学んでください。

BNIの方針が、一貫性を持って適用されるのはとても大事なことです。

 

このポッドキャストに、リンクを貼りつけておきます。

プリシラ、あなたも見たことのないものです。

皆さん、このショートビデオを見てみてください。

公平性についてのビデオです。ものすごく滑稽です。

 

 

プリシラ:
本当ですか?

 

 

アイヴァン:
とても滑稽なビデオです。

このポッドキャストの後半の話に、
これ以上ないほどぴったりですね。

一貫性をもって方針を適用することがいかに重要か、
良く示していると思います。

オマキザルのビデオです。

人間はサルではありませんが、
方針が一貫性を持って適用されないと、
人間もこのサルと同じになるのではないでしょうか。

カンカンに怒っています。

ぜひこのビデオを見てください。

リンクを貼っておきます。

素晴らしいビデオです。

 

もしチャプターがプログラムに沿って活動していないのなら、
一から出直すべきでしょう。

まっさらな状態からね。

メンバーに、このチャプターはプログラムに沿って活動していない、
と言ってください。

欲しい成果が出ていないのは、
それが理由かもしれません。

メンバーに言ってください。

求める成果を出すために、舳先を巡らし、
プログラムに沿って出直すと。

 

 

一番大事なのは、メンバーへのケアを怠らずに、
それを行うことです。

ヘルプが必要な人、サポートが欲しい人のそばにいてください。

仕切り直しを行うにあたり、
地域のBNIディレクターにも入ってサポートしてもらってください。

実績のあるチャプターだとしても、
BNIディレクターはその実績をさらに押し上げるべく、
協力してくれるはずです。

 

そして何よりも、メンバーをケアしながら、
責任をいつも自覚してもらうこと。

 

プリシラ、あなたが気に入ってくれる話だと思いますが、
今でも時々、他のネットワーキンググループの
人がこう言っているのを耳にすることがありますね。

「我々は、ルールのないBNIだ」と。

こういう組織が大好きです。

「さあ、アイスホッケー・ボクシングの始まりだ!」ってね。

大好きですね。

 

ルールがあること、そしてそれが、
メンバーへのケアとサポートを伴って運用されていること。

これこそ、BNIが何千ものチャプターを持ち、
世界中の何十もの国に展開するまでに成長した理由に他なりません。

メンバーへのケアを伴ったルール。

これこそが、システム、プロセスの礎であり、
結果を出すための原動力です。

ルールがなければ、ゲームは成立しないし、
結果も出ないでしょう。

 

これで、今日の話は全部です。

聞いておきたいことはありますか?

 

 

プリシラ:
特にありません。

ただ、自分の性格を考えると、
メンバーシップチームに入るのは向いていないかも、
と思いました。

 

 

アイヴァン:
アグレッシブ過ぎるとか?

 

 

プリシラ:
いいえ。逆です。人とやり合うとか、
そういうことが苦手なので。大嫌いです。

 

 

アイヴァン:
なるほど、分かります。

我慢が必要です。

ただ、一つ話しておきましょう。

私は、全く我慢がききません。

全くダメですね。

随分訓練しましたが、それでもまだ、
世界一我慢強い人間とは言えません。

口を閉じて話を聞く、ということを学ぶのに、
相当な訓練、実践、失敗を積んだんですけどね。

 

 

プリシラ:
そのとおり、ハードですね。

 

 

アイヴァン:
そして、人の話を最後まで聞く、ということですね。

この話は以前のポッドキャストでしましたが、一つ信条があります。

若いころに、母が文鎮をくれました。

今でも、自分の机に置いてあります。

「社交性とは、相手が自分の話の先を盗むのを、許すことである」。

 

成功している他の人を正しい方向に導きたければ、
ケアを怠らず、集中して、社交的に取り組む必要があります。

そうすれば、目覚しい結果が得られます。

というわけで、この「ルール、ルール、
どこにもそこにもルールばかり」が、ルールが大事な理由、
そしてそれがどうして大きな議論になるのか、
といったことを理解するのに、役立てば幸いです。

 

ぜひ、このポッドキャストのページにコメントをお寄せ下さい。

コメントがあったら、ここに書き込んでもらって、
チャプターの仲間に見せてあげてください。

ありがとう、プリシラ。

 

 

プリシラ:
マイズナー博士、ありがとうございました。

繰り返しになりますが、このポッドキャストは、
NetworkingNow.comがお届けしています。

NetworkingNow.comは、ネットワーキング関連の
ダウンロードコンテンツを提供する、
業界屈指のウェブサイトです。

お聴きいただき、ありがとうございます。プリシラ・ライスでした。

また来週、BNI公式ポッドキャストの楽しいエピソードで
お会いできるのを心待ちにしています。

 

 




 

 

Priscilla:

Hello everyone and welcome back

to the Official BNI Podcast, brought to you by NetworkingNow.com,

which is the leading site on the net for networking downloadables.

 

I am Priscilla Rice, and I am coming

to you from Live Oak Recording Studio in Berkeley, California.

 

I am joined on the phone today by the Founder

and the Chief Visionary Officer of BNI, Dr.

 

Ivan Misner. Hello, Ivan. How are you and where are you?

 

 

Ivan:
Hi Priscilla. I am still in Italy.

 

Today, I am in Rome meeting with BNI members

and Directors. Italy is fantastic.

 

The members and Directors here are incredible.

 

I am so excited to be here for the first time ever for BNI,

for me visiting Italy.

 

So it is really fantastic.

 

 

Priscilla:
Sounds great.

So tell us a little bit about what is this Rules, Rules, Everywhere a Rule?

 

 

Ivan:
Rules, Rules, Everywhere a Rule.

So I kind of came up with it- I am a 70’s kid.

 

I went to high school in the early 70’s

and there was a song called

“Signs, Signs, Everywhere a Sign”

by the Five Man Electrical Band.

 

It’s a great little rock song.

 

So this kind of came as a result of that phrase

“signs, signs, everywhere a sign.

 

 

It’s, you know, with BNI

because I hear people say that BNI has a lot of rules.

 

Rules, rules, you know. BNI has all these rules.

 

 

So let me address that.

Yeah. We do have rules.

We do.

 

I believe we have the rules we need

to run a successful networking organization.

 

By the way, I know I have said this before on other podcasts.

 

All the member rules were created or approved by the members,

through our International Board of Advisors,

which is made up of members all over the world,

including Italy, where I am at now.

 

Members created all of our guidelines and policies.

 

 

I can tell you that having had hundreds of thousands

of entrepreneurs meeting every week all over the world,

it’s a little bit like herding cats. Business people hate rules.

 

I get that.

But rules serve a purpose.

Hockey without rules would be boxing on ice.

BNI without rules would be a coffee club without tables.

 

 

Rules exist to support a process and a structure

to help the team achieve the results that they are striving for.

 

If you want to run a successful weekly networking program,

there has to be a structured system in place.

 

 

Through my book, Masters of Success,

we interviewed a lot of highly successful people

and one of the consistent themes expressed

by the individuals we interviewed was

that successful people put systems

in place to help them achieve results.

 

 

BNI is a system.

When it is done right right, it yields amazing results.

It does so because of the structure, not in spite of the structure.

I think the application of the rules is worth further discussion, though.

 

I am a firm believer in following a system

and a process, i.e., our policies.

 

But we don’t have to apply the policies like a fascist.

That’s really important.

 

 

We don’t have to apply the policies like a fascist.

 

Some might think I am saying sometimes

that it is okay to look the other way, but I am not.

 

I am not saying that at all.

I am saying that we have to practice tough love.

 

We need to be caring,

truly caring about the way we apply our structure and our system.

 

We need to me more like Mandela than Musselini.

 

 

Instead of telling people

that you are doing something wrong

and are going to be removed,

I suggest the chapter leadership be clear

that a change is necessary and then ask that member,

“How can we help you achieve that goal?”

How can we help you achieve that.

 

 

I am telling you, that is a very effective technique.

Don’t accept less.

 

Hold the member accountable in a caring

and supportive way but accountable nonetheless.

 

 

Why accept mediocrity when excellence is an option?

 

Excellence is an option in BNI and we can achieve

that option through tough love in a group.

 

By the way, if you think leadership is too tough or too lenient,

volunteer for a spot on the leadership.

 

 

Being caring and requiring accountability are skills

that really take time to master.

 

Help your leadership team by supporting them

in doing what needs to be done, volunteering on that level.

 

Criticizing without supporting is destructive.

Supporting without criticizing is constructive.

 

 

So support your chapter by- if you feel

that you can practice tough love but really have accountability,

then you volunteer to be on the leadership team.

 

By the way,

I think sometimes people come across as being negative

on the leadership team because they are uncomfortable.

 

You know,

particularly when things are said trying to be humorous,

it comes across as sarcastic.

 

Sometimes when a leadership team

says something too aggressively,

it’s because they are nervous talking to a peer

and trying to hold them accountable.

 

 

So give them some grace and work

with your leadership teams

to learn how to practice this tough love

and to be consistent in the application of policy.

 

It is really important to be consistent

in the way policy is applied.

 

 

I am going to include a link here on this podcast, Priscilla.

You haven’t seen it yet.

I am asking everyone to take a look at this short video.

It’s about fairness. It’s absolutely hysterical.

 

 

Priscilla:
Oh really?

 

 

Ivan:
It is hysterical.

 

It is right on the mark for the rest

of my discussion here on this podcast.

 

The video is a great example

of why policies need to be applied consistently.

 

Now, the video is about capuchin monkeys,

and people aren’t capuchin monkeys,

but I would argue that people respond

to inconsistent rules in the same way that these monkeys do.

 

They get really, really mad.

You’ve got to watch the video.

I’ll include the link. It’s fantastic.

 

 

If your group is not following the program,

my advice is to start fresh.

 

Come clean.

 

Tell everyone you recognize

that the group isn’t following the system.

 

It might be the reason

that your group isn’t achieving the success

that you would like to achieve.

 

Tell them in order for your group

to achieve the success that they want to achieve,

you are going to turn the ship and start following the process.

 

 

More importantly, you are going

to do it with a supportive attitude.

 

Be there for those who really need and want help.

 

Bring in your local Director,

your BNI Director, to help you make that transition.

 

Even if you are in a great group,

your BNI Director can help you achieve even greater success.

 

 

Above all,

consistently hold your members accountable in a caring way.

 

 

You’ll love this, Priscilla.

 

Every now and then,

you will hear someone

from another networking organization say,

“We are BNI without the rules.”

 

I love those organizations.

 

I love those organizations

because I think let the hickey boxing begin!

 

 

The rules, when they are applied with caring

and support, are the reason that we have thousands

of chapters in dozens of countries around the world.

 

It is the rules when a applied in a caring way

that create the system and the process

and then yield the results.

 

If you don’t have the rules,

you are not going to play the game right

and you are not going to be successful.

 

 

That is everything I have, Priscilla,

unless you have a question for me.

 

 

Priscilla:
I don’t have a question.

 

I just want to say that my personality style

does not make me a good membership team member.

 

 

Ivan:
Are you too aggressive?

 

 

Priscilla:
No, it is the opposite.

I hate having to deal with all the bickering and so forth.

I just hated it.

 

 

Ivan:
Listen, I get that.

You have to have a lot of patience.

But let me tell you something.

I am not a patient person.

I’m really not.

 

It took a lot and I am still probably

not the most patient person in the world.

 

But it took a lot of training, a lot of practice,

a lot of mistakes for me to learn how to shut up and listen.

 

 

Priscilla:
Yeah, that is hard to do.

 

 

Ivan:
And to let people vent.

 

I am a real believer and I know

I have talked about this in previous podcasts.

 

My mom gave me a paperweight as a young man.

I have it sitting here on my desk.

“Diplomacy is the art of letting someone else have your way.”

 

 

If you really want to guide other successful people,

you have to do it in a way that is caring,

focused and diplomatic.

 

If you do that, you achieve amazing results.

 

Hopefully, this Rules, Rules,

Everywhere a Rule will help you understand

why they are important and would make a great discussion.

 

 

I would love to hear your comments here on BNI Podcast,

so if you have a comment, leave it

and share this with your chapter members.

 

Thanks, Priscilla.

 

 

Priscilla:
Okay, thank you, Dr. Misner.

 

Well, I would just like to remind the listeners

that this podcast has been brought to you by NetworkingNow.com,

which is the leading site on the net for networking downloadables.

 

Thank you so much for listening.

This is Priscilla Rice and we hope you will join us next week

for another exciting episode of the Official BNI Podcast.

 

Copyright© 2017, BNI All Rights Reserved.

〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-21-1ダイヤビル303
ビジネス&コミュニティ横浜駅前オフィス 内