エピソード454: 4つの行動パターン

2016-05-24

Episode 454: Four Behavioral Styles to Know



 

エピソード454: 4つの行動パターン

※原文は日本語の下に掲載されております

 

 

プリシラ:
みなさんこんにちは。BNIの公式ポッドキャストへようこそ。

このポッドキャストは、NetworkingNow.comがお届けしています。

NetworkingNow.comは、ネットワーキング関連の
ダウンロードコンテンツを提供する、業界屈指のウェブサイトです。

私はプリシラ・ライスです。

カリフォルニア、バークレーの
ライブ・オーク・レコーディング・スタジオから
お送りしています。

今日もBNIの創立者でチーフ・ビジョナリー・オフィサーの
アイヴァン・マイズナー博士と電話がつながっています。

アイヴァン、こんにちは。ご機嫌いかがですか。

そして、今日はどちらにおいでですか。

 

 

アイヴァン:
こんにちは、プリシラ。とても元気です。

オハイオ州シンシナティーで行われた
ナショナルカンファレンスから戻ってきたところです。

カンファレンスに出るのは、とても楽しいですね。

カンファレンスは22年間続いています。

これまでに、少なくとも50回か60回出席していることになります。

カンファレンスに出ると、常に新しい発見があります。

 

BNIのコアバリューの一つは、教育と生涯学習です。

皆さんには、都合がつくときに、こういったカンファレンスや
トレーニングプログラムに是非参加してほしいと思います。

スキルを高めるためには、参加が欠かせません。

私は、いつも何かの学びを得ています。

 

 

プリシラ:
素晴らしいことですね。

 

 

アイヴァン:
そのとおり。素晴らしいことです。

 

 

プリシラ:
さて、今日の話題はどういうものですか?

 

 

アイヴァン:
数年前に、トニー・アレサンドラ博士、ドーン・ライオンズと
「Room Full of Referrals」を書きました。

とてもいい本です。

今日はこの本の中から少しお話したいと思います。

ネットワーキングをするときに知っておく必要のある、
人の行動パターンについての話です。

 

 

このポッドキャストをお聴きの皆さん、ちょっと考えてみてください。

大勢の人が参加する集まりに出て、
「この人たちとコネクションをつくるには、
どうしたら良いだろうか?」と考えてみたことがありますか?

「この人たちとつながって、相手のことを
もっと知るにはどうしたらいいだろう?」と。

 

もちろん、あるでしょう。

プリシラ、あなたもありますね。私もあります。

ビジネスをしていれば、人が大勢集まる場所に行くのは
日常茶飯事ですし、こういった集まりは新しいつながりを
つくる絶好のチャンスだと心得ています。

でも、そういう時に人とつながる効果的な方法を知らないと、
せっかくのチャンスを無駄にしてしまいます。

 

ネットワーキング・イベントに参加するということは、
ビジネスチャンスにあふれた場所へ足を踏み入れるということです。

でも、そのとき、ネットワーキングは
狩猟ではなく農耕だ、という話を忘れてはいけません。

それは、自分がプロとして信頼関係を築こうとしている相手を、
しっかり知らなければならないということです。

 

 

相手の行動パターンを知り、それに応じて
付き合っていくには、どうしたらいいでしょうか。

逆に、自分の行動パターンで相手を
惹きつけるにはどうしたらいいでしょうか。

ネットワーキングをする際に大事な人の行動パターンは、4つあります。

これから皆さんに、この4つのパターンを手短に紹介したいと思います。

 

プリシラ、質問があったらその時点で尋ねてください。

 

 

プリシラ:
分かりました。

 

 

アイヴァン:
最初に4つのパターンを手短に紹介し、最後にまとめます。

ネットワーキングでの行動パターンは、概ねこれから述べる4つです。

この4つに気を配っていればいいでしょう。

 

 

最初は、敏腕家(go-getter)です。

敏腕家は、前へ前へと力ずくで進もうとします。

何か大それたことをしようと思っている人たちです。

敏腕家はとにかく結果第一主義で、動きが速く、辛抱がききません。

やるなら今すぐだ、といつも思っています。

新しいビジネスを手に入れるため、
そして成功している人に会うために、
ネットワーキング・イベントに参加します。

 

敏腕家は自分が正しいと思っています。

ルールを曲げることも恐れません。

ごめんなさいと謝る方が、
許可を得ることよりも簡単だと考えたりします。

目的に意識が集中しているため、
打ち解けづらい雰囲気を与えることもあります。

意図的ではありませんが、確かにそう見えることも多いですね。

いつもせかせか動き回っているため、
立ち止まって花を愛でる、といったことを忘れがちです。

 

これが、4つのタイプの最初の一つです。

 

 

二つ目はプロモーター(promoter)。

プロモーターは、人や何らかのものを、人気が出るようにしたり、
人に受け入れられるように働きかけます。

前向きでフレンドリー、ハッピー、ラッキーな人たちです。

こういった人たちは、常に動き回っているのが好きで、
一度にたくさんのことをするのを厭いません。

衝突は避け、やることなすことを楽しくしようとします。

ネットワーキング・イベントに参加するのは、
新しい人たちに出会い、友達と話をするため、
そして、自分がイベントに出ているのを皆にアピールするためです。

 

プロモーターの顧客への接し方は、
オフィスで案件の提案をするという形ではなく、
ランチを食べながらよもやま話をする、という類のものです。

プロモーターはアイデアが豊富で夢を持ち、
ビジョンで人を魅了する力があります。

勉強や調べごとをしようとせず、そういったリスクを厭いません。

直観で決め事をすることも多くあります。

 

 

三つ目は―ところで、今述べたプロモーターですが、
例えば私の妻ですね。根っからのプロモーターです。

とても社交的で、人を中心に物事を考えるタイプです。

 

三つ目の行動パターンは、養育者(nurturer)です。

人やもの、特にこれから伸ばしていく
必要があるものを保護し、世話します。

養育者には、人の役に立ち、気配りに長け、
親切で我慢強い人が多くいます。

人の話を聞く力も優れています。

敏腕家やプロモーターに比べ、
物事を遅いペースで楽しみながらやります。

何かを強制されたり、せかされたりするのを嫌います。

人と過ごす上質な時間を楽しむ人たちです。

 

ネットワーキング・イベントには、
既に知っている人とふれ合うために参加します。

地に足が付いた現実的な人たちと付き合い、
そういった人たちとの関係を強固にします。

とてもリラックスしていて暖かい人たちなので、近づくのも容易です。

 

 

このタイプの人は、お互いに助け合い、
信頼する人たちによる強力なネットワークを作ります。

素晴らしいチームプレーヤーでもあります。

ただ、リスクを避けようとします。

変化するというリスクを取るよりも、
窮屈な現状で我慢する傾向にあります。

変化を嫌うためです。

 

 

四つ目の性格は、検査官(examiner)です。

検査官は、人、場所、ものを詳細に観察して分析する一方、
相手に質問をして自分の知識やスキルを確認します。

検査官の人たちは緻密、効率的で、
タスクの完遂を中心に物事を考えます。

情報、知識を求める人たちです。

タスクリストを作ってチェックを入れていくのが好きです。

検査官の人たちには、情報がたくさん必要です。

 

敏腕家やプロモーターに比べて、決断を下すのに時間がかかります。

完璧主義の傾向があります。

検査官は様々な話題に通じているため、
会話に長けていることも珍しくありません。

 

ビジネスの宣伝・売り込みだけを目的に、
ネットワーキング・イベントに参加します。

イベントで目的を達成したら、そこでおしまい。

帰ってしまいます。

今やっていることを、やりたいからやっているとは限りません。

検査官の人たちは常に自分の感情をコントロールしています。

競合する人たちがまわりにたくさんいる危険な状況でも、
ポーカーフェースを通すことができます。

 

検査官は、がさつな人たち、感情で行動する人たち、
性格が軽い人たちに囲まれると、居心地が悪くなります。

例えばプロモーターの中に入ると、
あまり快く思わないことがあるようです。

物事を見るのに、複雑でシリアスな側面をとらえようとします。

一方、知性があり、機転が利くので、
とっぴなユーモアのセンスを持っていたりします。

 

 

この4つの行動パターンを理解すると―
いつもハッスルしていて、大それたことを企てる敏腕家。

ものを売ったり、人気が出るようにしたり、
人やものが受け入れられるように活動するプロモーター。

人やものを育てるために、保護し、世話する養育者。

ものを観察し、分析する検査官。

 

 

 

この4つの行動パターンを理解すると―
誰がどのタイプかは、会話を始めればすぐに分かります。

あるいは、少し話していると分かるものです。

信じ難いかもしれませんが、見ているだけで分かることもあります。

例えば、プロモーターは派手な服を着ることが多くあります。

女性ならカラフルな服、男性ならカラフルなネクタイ。

プロモーターは揃ってそういう傾向にあります。

 

 

 

会話を始めて、相手の行動パターンを探ります。

相手を観察して、タイプを考えます。

そういった視点はとても大切です。

なぜなら、人の行動パターンを考え始めると、
自分がその人のタイプに適合できるようになるからです。

自分を変えろと言っているわけではありません。

相手を理解し、相手が不愉快にならないように振る舞うということです。

タイプによっては容易に衝突が起こるので、これは大事なことです。

 

 

相手のタイプを理解するということは、相手と強い絆を築くための
スタート地点に立つということに他なりません。

将来、ネットワーキング・パートナーになるかもしれない相手とです。

 

 

というわけで、プリシラ、あなた自身は
4つのどのタイプに入ると思いますか?

 

 

プリシラ:
おかしなことですが、私自身は4つを合わせたタイプだと思います。

ただ、比較して4つの中から選ぶとしたら、
おそらくプロモーターでしょうか。

 

 

アイヴァン:
そうですね。今のコメントの前半部分について話しましょうか。

4つを合わせたタイプだと。

答えは、そのとおり、です。

あなたのことを知って何年にもなりますね。

その通りだと思います。

でも、実はほとんどの人がそうです。

ほとんどの人は4つを合わせたタイプですが、
たいてい、4つの性質のうちのどれか一つが支配的になっています。

 

というわけで、次は難しい質問です。

 

 

プリシラ:
分かりました。

 

 

アイヴァン:
私は、どのタイプでしょう?

 

 

プリシラ:
敏腕家だと思います。

 

 

プリシラ:
そのとおり。難しい質問ではなかったかもしれませんね。

私と知り合って、長いですから。

そのとおり、強烈な敏腕家です。

良いところ、悪いところ、両方あります。

強みがたくさんありますが、弱みもたくさんあります。

 

 

どのタイプも、強み、弱みの両方があります。

「Room Full of Referrals」の共著者は、こんなことを言っていました。

私は大嫌いな表現ですけどね。

でも、とても的を射ています。

「敏腕家と会うとき―オフィスに行って話をするときには、
明確に、簡潔に、直接的に話さなければいけない。
そして、さっさと帰ることが大事だ」。

 

 

入ってきたら、さっさと言うべきことを言ってもらう。

とても失礼なことだとは知っているのですが、
これが私のもともとのタイプです。

そして、これをなおすには、多くの労力が必要になります。

でも、ネットワーキング組織を運営していると、そんな余裕はありません。

とてもそんなことはしていられないんです。

私自身の行動パターンを変え、
ダイレクトな物言いをやめるには、非常な努力が必要です。

こんなことを言うのも、
どの行動パターンにも強みと弱みがあるからです。

でも、大事なのは、自分の行動パターンが分かったら、
状況に合わせて自分の振る舞いを見直すことが
できるようになる、ということです。

そして、他人の行動パターンも理解できるようになります。

分かっていただけますでしょうか。

 

 

プリシラ:
はい、分かります。

 

 

アイヴァン:
「Room Full of Referrals」を入手したい人のために、
このポッドキャストにリンクをつけておくようにします。

このポッドキャストに、キンドル版へのリンク、
冊子版へのリンクの両方をつけておきます。

 

 

自分の行動パターンを見つけてください。

この本にテストが付いています。

自分の行動パターンを決めるためのテストです。

でも、もっと大事なのは、ネットワーキングにあたって、
このテストを通じて自分とは異なるタイプの
行動パターンを読み解き、理解することです。

そうすることで、そういったタイプの人と
効果的にネットワークをつくれるようになります。

 

 

プリシラ:
一度、ドーン・ライオンズが「Room Full of Referrals」の
行動パターンについて講演したワークショップに参加したことがあります。

とても面白いものでした。

タイプごとのグループに分かれて交流したりして、
本当に楽しかったのを覚えています。

とてもワクワクする経験でした。

 

 

アイヴァン:
凄いものです。

自分の行動パターンが自分自身のあり方に
与える影響など、普段はあまり考えません。

私が講演するときに、いつも行うエクササイズがあります。

ドーンがこれをやったかどうかは知りません。

他のエクササイズをやったかもしれませんね。

18輪のトレーラーの運転方法の学び方、というものです。

どんな学び方をしたいですか?

 

これは傑作ですよ。

トレーラーの運転方法を学ぶにあたって、
その方法を決めなくてはなりません。

敏腕家はこんな感じです。「トレーラーの鍵をくれ。
スタートの仕方さえ教えてもらったら、運転してみる」。

 

検査官は「マニュアルを見たいです。
ハンドルに触る前に、全部見たほうがいいと思います」。

 

プロモーターは、「誰か他の人を乗せてもいいですか?
一緒にいて楽しい人で、運転を手伝ってもらえたら」。

 

面白いのは、何をするにしても行動パターンによって
アプローチが異なる点です。

そしてもちろん、ネットワーキングでもそうです。

この本でお伝えしたかったのは、まさにこの点です。

このポッドキャストをお聞きの皆さんには、
是非キンドル版でも、冊子版でもいいので、この本を手にして、
人とのつながりを効果的に作るのに活用してほしいと思います。

 

プリシラ、ドーンの話を出してくれてありがとうございます。

ドーン・ライオンズは、行動プロフィールと
ネットワーキングで世界をリードする専門家です。

ドーン、それにトニー・アレサンドラと本を
書くことができて、とても光栄です。

 

 

プリシラ:
素晴らしいことだと思います。

 

 

アイヴァン:
今日はここまでです、プリシラ。

 

 

プリシラ:
承知しました。マイズナー博士、ありがとうございました。

繰り返しになりますが、このポッドキャストは、
NetworkingNow.comがお届けしています。

NetworkingNow.comは、ネットワーキング関連の
ダウンロードコンテンツを提供する、
業界屈指のウェブサイトです。

お聴きいただき、ありがとうございます。プリシラ・ライスでした。

また来週、BNI公式ポッドキャストの楽しいエピソードで
お会いできるのを心待ちにしています。

 

 




 

 

Priscilla:
Hello everyone and welcome back

to the Official BNI Podcast, brought to you by NetworkingNow.com,

which is the leading site on the net for networking downloadables.

 

I am Priscilla Rice, and I am coming

to you from Live Oak Recording Studio in Berkeley, California.

 

I am joined on the phone today by the Founder

and the Chief Visionary Officer of BNI, Dr.

 

Ivan Misner. Hello, Ivan.

How are you and where are you?

 

 

Ivan:
Hi Priscilla. I am doing great.

I just got back from our US National Conference in Cincinatti, Ohio.

I just love going to conferences.

 

I have been to now- we have had 22 years of conferences,

so I have been to 50 or at least 60 conferences.

 

I always learn something new, you know.

 

 

One of our core values is education and lifelong learning.

 

I really recommend that people, whenever possible,

go to association conferences or training programs

because if you really want to sharpen your ax,

it is important to participate.

 

I always learn something from programs like that.

 

 

Priscilla:
Yeah, that is great.

 

 

Ivan:
It was great.

 

 

Priscilla:
Okay. Well, tell me a little bit about what this topic is about.

 

 

Ivan:
Well, I wrote a book a few years ago called Room Full

of Referrals with Dr. Tony Alessandra and Dawn Lyons.

 

It was a great book and I wanted

to talk a little bit about the content that is in there.

 

That is the behaviorial styles that you need

to know when you are networking.

 

If you are listening to this podcast, you have to ask yourself

if you have ever walked into a room full of people and thought,

how am I ever going to make connections with these people?

 

How can I ever build relationships

with these people and get to know them?

 

 

I am sure you have.

You probably have, Priscilla.

I certainly have.

 

As business people, we walk into rooms full of people all the time

and we recognize these as ideal opportunities for relationships.

 

If you don’t know how to effectively build those relationships

in those situations, the opportunity is lost.

 

 

When you attend networking functions,

you are potentially walking into a room full of business.

 

However, you have to remember

that networking is more about farming than it is about hunting,

which means that you have to get to know the people

that you want to build that professional relationship with?

 

 

With that in mind, how can you identify

and react appropriately to the behavioral styles

of others and have your behavioral style attract them in return?

 

It is really important to understand the four main

behavioral styles when it comes to networking.

 

What I am going to do is give you a short

behavioral style and description of those.

 

 

Priscilla, if you have any questions as we go along, just chime in.

 

 

Priscilla:
Okay.

 

 

Ivan:
I am going to give you a little short assessment

of [each] networking style and we will wrap it up.

 

When it comes to networking, there are four distinct

behavioral styles to look for when you are working with people.

 

 

The first is a go-getter.

The definition of a go-getter style is somebody who’s hustling.

They are an enterprising kind of person.

Go-getters are very results oriented, driven, fast paced, impatient.

They have a get it done now kind of attitude.

 

They attend networking events to gain new business

and to look to meet successful people at the event.

 

 

Go-getters believe in expedience.

They are not afraid to bend the rules.

 

They believe it is easier to beg for forgiveness than

to ask for permission sometimes.

 

They are so focused that they can appear aloof, not meaning to be aloof.

They can certainly appear aloof.

 

They are so driven that they forget

to take time, oftentimes, to smell the roses.

 

 

That is the first of the four behavioral styles.

 

 

The second is a promoter.

 

The definition of a promoter is someone who urges the adoption

of or attempts to popularize someone or something.

 

Promoters tend to be very positive, friendly, happy go lucky type people.

They love to be on the go and don’t mind having lots of irons in the fire.

 

They tend to avoid confrontations and seek fun

in everything that they do, They attend networking events

to hang out, meet new people, to talk to their friends,

to make sure that they are seen at the event.

 

 

Promoters would rather schmooze

with clients over lunch than work on a proposal in the office.

 

They tend to be idea people and dreames who excel

in getting people excited about their vision.

 

They are risk takers who aren’t inclined

to do their homework all the time or check out information.

 

They base many of their decisions on intuition.

 

 

The third behavioral style- by the way, the last one, promoter,

is my wife. My wife is a total promoter.

 

Very outgoing, people-oriented type of individual.

 

 

The third behavioral style is a nurturer.

 

This is someone who gives a tender care or protection to a person,

especially to a thing that needs to grow or develop.

 

Nurturers tend to be very patient, kind,

caring, helpful people, great listeners.

 

They tend to enjoy things at a slower pace than go-getters and promoters.

They don’t like to be pushed or rushed into things.

They appreciate quality time with people.

 

 

They attend networking events to connect with people they already know.

 

They meet a few down to earth people

and they focus on deepening those relationships.

 

Nurturers have very relaxed dispositions.

It makes them very approachable, very warm.

 

 

They develop strong networks of people who are willing

to be mutually supportive and reliable.

 

They tend to be excellent team players.

But they are risk-averse.

They may tolerate an unpleasant environment rather than risk a change.

They don’t like change.

 

 

The fourth profile is that of an examiner.

 

An examiner is a person who inspects

and analyzes a person, place or thing in detail while testing

their knowledge or skill by asking questions.

 

Examiners tend to be very thorough, very efficient, task driven people.

They seek information and knowledge.

 

They love to check things off of their to do list

because examiners need a lot of information.

 

 

They tend to make decisions more slowly than go-getters and promoters.

They have a propensity toward perfection.

 

Examiners tend to be very good conversationalists

because they know a lot about a lot of topics.

 

 

They attend networking functions only to market their business.

Once they achieve their goal for the evening, that is it.

They are gone.

It is not necessarily the thing they love doing.

Examiners are always in control of their emotions.

 

They are the poker faces in a lot of the Jeopardy contestants

when Jeopardy was on the air.

 

 

They may become uncomfortable around people who are less contained,

people who are emotionally focused or bubbly like promoters are.

 

They are sometimes uncomfortable around promoters.

They tend to see the serious, complex sides of situations.

 

Their intelligence and natural wit, however,

give them kind of a unique, quick off the wall sense of humor.

 

 

Once you start to understand these four behavioral styles,

the go-getter- the hustling, enterprising person.

 

The promoter- the active supporter who urges

the adoption or tries to sell or popularize something.

 

The nurturer- someone who gives care and protection to help it grow.

The examiner- the person who inspects and analyzes things.

 

 

Once you start to understand these four behavioral styles,

and it is actually pretty easy to pick up on

who is what style as you start to have a conversation

with them, as you talk to them a little bit more.

 

Sometimes you can tell even by looking at them, believe it or not, Priscilla.

 

You can look at some people and tell-

because promoters have a tendency

to dress very flamboyantly with more color.

 

Women might have more colorful clothes

and men promoters may have more colorful ties.

 

That is a real common characteristic for promoters.

 

 

So you have a conversation with them

and you can start to pick up on where they are coming from.

 

You can look at them and get a sense of where they are coming from.

 

It is important because once you start

to identify someone, you can adapt to their style.

 

I am not saying change who you are but I am saying understand

who they are and help them feel more comfortable in their style-

because certain styles can easily clash with one another.

 

 

If you can understand where they are coming from

with a behavioral style, understanding

that as a starting point will allow you

to develop a stronger working relationship

with potential networking partners.

 

 

So, tell me, Priscilla, where do you think you are those four?

 

 

Priscilla:
The funny thing is I feel that I am a mixture of those things,

but more than anything else, I am probably a promoter.

 

 

Ivan:
Yeah. Let’s take the first part of that comment.

You feel like you are a mixture of things.

The answer to that is yes you are.

I have known you now for quite a few years.

You definitely are, but most people are.

 

Most people are a combination of those four things,

but one tends to be more predominant than the others as a rule.

 

 

So I am going to put you on the spot now.

 

 

Priscilla:
Okay.

 

 

Ivan:
Which one of those do you thing that I am?

 

 

Priscilla:
I think you are a go-getter.

 

 

Ivan:
Yeah. You probably weren’t really on the spot that much

because you have known me a long time.

 

Absolutely, a very strong go-getter.

And that is good and bad.

 

There are a lot of strengths to a go-getter,

but there are a lot of weaknesses.

 

 

You have to remember every profile has both strengths and weaknesses.

 

My co-author in Room Full of Referrals, he liked to say –

I have this but it is so true- when you are meeting with a go-getter,

when you go to their office and are meeting with them, be specific.

 

Be specific. Be concise. Be direct. And be gone.

 

 

You know, get in and say what you have to say.

 

I feel that is so rude but that is my natural behavioral style

and I have to work hard to get past that because you know,

if you run a networking organization, you can’t come across that way.

 

You really can’t.

 

 

So it takes a lot of effort on my part to alter my behavioral style

and not come across so overpoweringly direct.

 

I say this because every behavioral style has a strength and a weakness.

 

If you understand yours, you are better able

to adjust it to fit the context of the situation and to understand

other people’s behavioral styles. Does that make sense?

 

 

Priscilla:
Yeah, yeah.

 

 

Ivan:
I am going to make sure that in this podcast

we attach a couple of links to this if you are interested

in getting a copy of Room Full of Referrals.

 

There will be a link for a Kindle version of the book,

and there will be a link for the printed version

of the book here on the podcast.

 

 

You can determine what your behavioral style is.

 

There is a little test in there, an instrument

to help determine what your behavioral style is,

but more importantly to help you understand how to read

and recognize other behavioral styles in the context

of networking so that you can network more effectively with them.

 

 

Priscilla:
I just have to say that I attended one of the workshops

that Dawn Lyons gives on behavioral styles, Room Full of Referrals.

 

It was so much fun. It was seriously funny

because she divided the room into your style

and we interacted with each other.

 

It was just really, really a kick.

 

 

Ivan:
You know, it is amazing.

We don’t recognize just how our behavioral style really drives who we are.

I have an exercise that I do when I do that.

I don’t know if she did this one.

She may have done another one.

It’s you are going to learn how to drive an 18 wheeler tractor trailer.

How do you want to learn how to do it?

 

 

This is just hysterical because you get to determine how you learn it.

 

The go-getters are like, “Just give me the keys.

Show me how to start it and I will go.”

 

 

The examiners are like, “We would like to see the book, please.

We would like to go through the entire thing from cover

to cover before we would ever get behind the wheel.”

 

 

The promoters are like, “Can we drive with somebody?

I want somebody fun to go with who can help me.”

 

 

It is hysterical how every style has their own approach

to doing anything and this applies to networking.

 

That is the beauty of what we have tried to cover in this book.

 

Hopefully, if you have listened to this podcast,

you will take a look at t ehbook, whether on Kindle or on hard copy

and use it to learn more effectively with other people.

 

 

Thanks for mentioning Dawn, Priscilla.

Dawn Lyons is absolutely, I believe,

the world’s leading expert on behavioral profiles and networking.

 

I was very pleased to have her and Tony Alesandra as my co-authors.

 

 

Priscilla:
Yeah, great.

 

 

Ivan:
That is it for today, Priscilla.

 

 

Priscilla:
Alright. Thank you, Dr. Misner.

 

I would just like to remind the listeners

that this podcast has been brought to you by NetworkingNow.com,

which is the leading site on the net for networking downloadables.

 

Thank you for listening.

This is Priscilla Rice and we hope you will join us next week

for another exciting episode of the Official BNI Podcast.

 

 

Copyright© 2017, BNI All Rights Reserved.

〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-21-1ダイヤビル303
ビジネス&コミュニティ横浜駅前オフィス 内