エピソード446: PALMSレポートが大事な理由

2016-03-22

Episode 446: Why Is the PALMS Report Important?



 

エピソード446: PALMSレポートが大事な理由

※原文は日本語の下に掲載されております

 

 

プリシラ:
みなさんこんにちは。BNIの公式ポッドキャストへようこそ。

このポッドキャストは、NetworkingNow.comがお届けしています。

NetworkingNow.comは、ネットワーキング関連の
ダウンロードコンテンツを提供する、業界屈指のウェブサイトです。

 

私はプリシラ・ライスです。

カリフォルニア、バークレーの
ライブ・オーク・レコーディング・スタジオから
お送りしています。

今日もBNIの創立者でチーフ・ビジョナリー・オフィサーの
アイヴァン・マイズナー博士と電話がつながっています。

アイヴァン、こんにちは。ご機嫌いかがですか。

 

 

アイヴァン:
とても元気です、プリシラ。今日は、家に戻っているんです。

オースティンの家ですが、今週だけではなく、
向こう5、6週間滞在する予定です。

5、6週間も続けて家にいられるのは、ここ3、4年ではじめてですね。

 

 

プリシラ:
素晴らしいですね。家で過ごすのにちょうどいい時期だと思います。

美しい時期ですから。

 

 

アイヴァン:
そのとおり。

でも、外に出てBNIのメンバーやリージョンを
訪ねるのもまた、とても楽しいです。

いつもはそうしますが、向こう何週間か、旅行はなしですね。

今週が一週目です。

 

 

プリシラ:
なるほど。今日は、どんなお話ですか?

 

 

アイヴァン:
しばらく前に質問をもらったのですが―
「アイヴァンに尋ねるビジネスの秘訣」をやっていますが、
私に聞きたい質問をポッドキャストの
ページに投稿してもらっています。

トマスがくれた質問です。

「PALMSレポートは、どうして重要なんですか?」

 

PALMSレポートはチャプターで作成するレポートです。

出席したか?欠席だったか?遅刻したか?
病欠があったか?代理人が出席したか?
といったことを書き込むレポートです。

こういった状況を追跡管理します。

 

 

トマスはこれに対して、まっとうな質問をしてくれました。

なぜ重要なのか?と。

これが、私の答えです。

 

狙いを定めずに、的を射落とすことはできません。

自分が決めたゴールに至る唯一の方法は、
自分の実績を管理することです。

ビジネスにおいて、データは力です。

実績の管理、進捗の管理は、成功への道しるべです。

こうして実績を追跡管理しながら、
少しづつ軌道修正していくわけです。

 

 

PALMSレポートは、いわばチャプターのGPSです。

GPSを身につけて、車を運転したとします。

それで、間違って曲がってしまったとする。

すると、GPSは「Uターンをしてください。向きを変えてください。
ここに行ってください」と言ってくれますね。

PALMSレポートはまさにGPSです。

問題がありますよ、と教えてくれます。

欠席が多すぎです、と。

出席してません。代理人の来る日が多すぎます。

そういったことの追跡管理、それにもちろん、人に出した、
あるいは人からもらったリファーラルの数も管理します。

 

こうして実績、進捗を管理することができ、
成功へと続く道を進むことができます。

私は数字を追跡管理する、というコンセプトが
とても大事だと思っています。

これまで一度もポッドキャストで話したことがないと思いますし、
プリシラ、あなたも知らないと思いますが、
実は、毎日、BNIのメンバー数のレポートを受け取っています。毎日ね。

 

 

プリシラ:
本当ですか?

 

 

アイヴァン:
それに、チャプターの数もです。

 

 

プリシラ:
今、その数を教えて頂くことはできますか?

 

 

アイヴァン:
もちろん。

現時点での数をお伝えできます―まさに目の前にありますので。

今朝のレポートです。現時点で、
世界中に193,138人のメンバーがいます。

 

 

プリシラ:
すごい数ですね。

 

 

アイヴァン:
大きな数です。そして、世界中に7,351のチャプターがあります。

このレポートを、毎日もらいます。毎日チェックします。

なぜ?それは、的を見ずに矢を放ったら、
どこに飛ぶか分からないからです。

このレポートで、矢を飛ばすべき場所が分かります。

組織として、何が起こっているのか分かります。

それを教えてくれるのは、これらの数字だけではありません。

リファーラルの合計数、サンキュースリップの合計数もそうです。

 

 

2015年には、リファーラルの数が7百万を超えました。

2015年には、93億アメリカドルに相当するビジネスが、
メンバーに対して発生しています。

これが、組織全体にとってのPALMSレポートの役割です。

 

 

PALMSレポートは進捗、出席を追跡管理する重要なツールです。

受動的にならず、能動的に行動するためのツールです。

しかし、自分たちのしていることを
管理していないケースが多く見受けられます。

リファーラルも、サンキュースリップも、
PALMSレポートも管理していない。

すると、チャプターは苦しい時期を迎えることになります。

 

 

「ちょっと待て、どうしてこんな苦労しているんだろう?
なぜだ?どうなっている?何が起きている?
メンバーは皆仲良くしているのに、苦しくなっている」。

そんな場合、原因はたいてい、
自分の数字を把握していない人がいるからです。

覚えておいてください。

しっかり努力した事柄こそが、実を結びます。

私はそう信じています。

 

 

つまり、チャプターとして数字を把握し、
GPSのように進むべき道をその都度しっかり修正していけば、
うまく行くはずなんです。

こういった管理をおろそかにすると、
コースを外れ、別の目的地にたどり着いてしまいます。

それは、必要なことをしていないからに他なりません。

 

 

数字を管理する、といったことになると、
多くの人が「やりたくない」と言います。

時間ばかりかかる、つまらない仕事だと。

でも、そう口にすることで、そうなってしまうのかもしれません。

つまらない作業だと言ってしまうと、
つまらない作業になってしまう。

実際には、つまらない作業以上のものです。

成功をつかみ取るための作業ですから。

 

私は10年間、大学に行きました。

当初―この話を公にするのは初めてですね。

当初、オキシデンタル・カレッジに入学が決まっていました。

私は中流階級寄りの下流階級の出身です。

オキシデンタル・カレッジに行くことはできませんでした。

授業料の半分が免除になる奨学金を取りましたが、
それでも払えませんでした。

 

その時から、大学院に進学するつもりでいました。

大学院に行くんだと強く思っていたので、
借金漬けになるのは目に見えていたんです。

それで、オキシデンタル・カレッジの奨学生は断りました。

 

 

プリシラ:
でも、そこの大学を卒業して、
修士か何かを取ったわけではないのですか?

 

 

アイヴァン:
そうではありません。

結局、私立の学校に行ったんですが、
最初はコミュニティー・カレッジでした。

小さなコミュニティー・カレッジです。

「やめた方がいい。コミュニティー・カレッジは、
高校みたいなもんだ。授業料を払って通う高校。
授業料は、高くはないけれど」と、みんな言いました。

それで、こう言っていました。

「でも、大学院に行くつもりだから、
ここから始めて、行くのに必要な勉強をする」。

 

2年間、南カリフォルニアのシトラス・カレッジに行きました。

本当に素晴らしいコミュニティー・カレッジでしたよ。

そして、カリフォルニア州立大学に入りました。

その後、修士号と博士号を南カリフォルニア大学(USC)
で取ったんです。

 

ひどい話です。

USCで学期あたりに必要だったお金は、
学士を取るのにかかったお金全部と同じだったんですから。

で、大学院で借金ができました。

こんな話をするのには理由があります。

自分が得られるものは、自分が真剣に打ち込んだものだ、
という例を示したかったからです。

コミュニティー・カレッジでは勉強に没頭しました。

その結果、得られた経験は素晴らしいものでした。

それに、私が大学生活で出会った
最も素晴らしい教授の一人は、
コミュニティー・カレッジの人物です。

 

 

プリシラ:
子供がずっと少ないお金で質の良い教育を受けるのに、
最高の方法ですね。特に、今の時世では。

 

 

アイヴァン:
その通りだと思います。

特に、今、必要ですね。全くその通りです。

この話がPALMSレポートとどうつながるのかを話しましょう。

時として、私たちはPALMSレポートのようなものを
つまらない作業だと感じてしまいがちです。
やりたくないと。必要ない、と。

そしてまた、多くの人が、
コミュニティー・カレッジはやめた方がいい、
つまらない勉強をするばかりで何も身につかない、と言います。

 

人生で得られるもの、それは、自分が真剣に打ち込んだものです。

自分の実績、進捗を追跡管理すれば、
軌道修正しながら、成功に至る道を進むことができます。

チャプターのGPSになってください。

PALMSプログラムを進めてください。

リファーラル、サンキュースリップを追跡管理してください。

チャプターは成功をつかみ取ることができるでしょう。

 

 

これが今日のメッセージです。

 

 

プリシラ:
承知しました。素晴らしいメッセージでした。

アイヴァン、ありがとうございました。

 

 

アイヴァン:
ありがとう。

 

 

プリシラ:
繰り返しになりますが、このポッドキャストは、
NetworkingNow.comがお届けしています。

NetworkingNow.comは、ネットワーキング関連の
ダウンロードコンテンツを提供する、
業界屈指のウェブサイトです。

お聴きいただき、ありがとうございます。プリシラ・ライスでした。

また来週、BNI公式ポッドキャストの楽しいエピソードで
お会いできるのを心待ちにしています。

 

 




 

 

Priscilla:
Hello everyone and welcome back

to the Official BNI Podcast, brought to you by NetworkingNow.com,

which is the leading site on the net for networking downloadables.

 

I am Priscilla Rice, and I am coming

to you from Live Oak Recording Studio in Berkeley, California.

 

I am joined on the phone today by the Founder

and the Chief Visionary Officer of BNI, Dr.

 

Ivan Misner. Hello, Ivan. How are you today?

 

 

Ivan:
I am doing fantastic and I am actually in town,

Priscilla- not only at home in Austin,

not only this week but for almost five or six weeks in a row.

 

I think that is the first time in three or four years

that I have been home for five or six weeks in a row.

 

 

Priscilla:
That is great. It is a good time to be home. It is beautiful.

 

 

Ivan:
It is good, but it is also great for me to go out

and visit members and visit regions.

 

I am usually out there,

but I am taking a little break from the travel for a few weeks.

 

This is the first week.

 

 

Priscilla:
Good. What do you have to share with us?

 

 

Ivan:
Well, you know, I had someone ask not long ago-

I have been doing an Ask Ivan, where

if you have some question you send me the question via the podcast.

 

Thomas asked why is it important to complete the PALMS report?

 

 

Now, the PALMS report is a report

that is completed at your chapter level.

 

It is a report that says where you present?

Were you absent? Were you late?

Were you out on medical leave? Did you have a substitute?

It is a way of tracking these kinds of activities.

 

He was sending a legitimate question. Why is it important?

So here is my answer to it:

 

You can’t hit a target that you are not aiming at.

 

The only way that you can hit goals

that you set are to track your performance.

 

When it comes to business, knowledge truly is power.

 

If you track performance and you track progress,

you are on the road to success.

 

The idea, then, is that you make nominal changes as you go along.

 

 

In a way, PALMS report is your chapter GPS system.

You put on your GPS. You are driving along.

 

Let’s say you take the wrong turn. It says,

“Make a U turn. Turn around. Go here.”

The PALMS report is in fact your GPS.

 

It tells you there is a problem here.

You know, you have been absent too much.

You are not present. Too many subs.

 

It is a way of tracking that plus, of course,

the number of referrals given or received.

 

 

These are the kinds of things that track performance

and progress and put you on the road to success.

 

I am such a believer in this concept of tracking numbers,

that you may not know this Priscilla,

and I have never talked about it on my podcast.

 

I actually get a daily report, daily report,

on the number of members in the organization.

 

 

Priscilla:
Really? Wow.

 

 

Ivan:
And the number of chapters we have.

 

 

Priscilla:
Can you tell us right now what that is?

 

 

Ivan:
Yeah. I can tell you as of the recording-

I have it sitting right here in front of me.

 

It came in this morning.

As of this recording, we have 193,138 members worldwide.

 

 

Priscilla:
Wow. That is a lot.

 

 

Ivan:
It is a lot. We have 7,351 chapters worldwide.

And I get this every single day, and I look at it every single day.

 

Why? Because if I start shooting those arrows without my target,

you just don’t know where they are going to land.

 

So this keeps track of where they are landing,

how are we as an organization doing?

That and other numbers, not just these.

 

The total number of referrals,

the thank you for closed business.

 

 

You know, we know that we passed 7 million referrals in 2015.

 

We know that we generated 9.3 billion USD worth

of business for our members in 2015.

 

That is out PALMS report, in effect, as an organization.

 

 

So the PALMS report is an important way

to track your progress and your participation.

 

It is a way to enable you to be proactive versus reactive.

What happens too often is people aren’t tracking how they are doing.

 

The really aren’t tracking referrals or thank you

for closed business or the PALMS report.

 

Then chapters start struggling.

 

 

Wait a minute- why are they struggling? Why are we struggling?

What is going on? What happened?

We all like each other a lot but we are struggling.

 

Well, chances are pretty good

that someone is not on top of the numbers.

 

I really believe that you get the experience

that you strive for.

 

You get the experience that you strive for.

 

 

So if you are on top of your numbers as a chapter

and you can continually be making course adjustments like a GPS system.

 

You are going to do well.

 

If you don’t keep track of those things, you are going to get off course

and you are going to end up in the wrong town

because you are just not doing the things that are necessary.

 

 

You know, people look at things like keeping track

of the numbers and saying, ” I don’t want to do that.”

It’s busywork. I think it’s a self fulfilling prophecy.

 

If you say it’s busywork, it is going to be busywork.

It is more than busywork. It is about achieving success.

 

 

You know, I went to 10 years of college.

I actually started- I don’t think I ever told this story publicly.

I was accepted to Occidental College.

I came from a reasonably lower slightly middle class family.

I couldn’t afford Occidental.

I got a scholarship that paid half the tuition but I still couldn’t afford it.

 

 

I knew I was going to go to graduate school.

 

I always really felt like I was going to go to graduate school,

so I knew I was going to be in debt up to my ears.

 

So I turned down a scholarship from Occidental College.

 

 

Priscilla:
But didn’t you graduate from there or get your masters or something?

 

 

Ivan:
No. I did go to a private school eventually,

but I first went to community college.

 

It was a little community college.

Everbody said, “Ivan, don’t do that. Community college is just like highschool.

High school with tuition. Not much but it has tuition.

So I said no, I am going to go to graduate school so I am going

to start here to get what I need to move on.

 

 

I went to Citrus College in southern California for two year.

It is a great, great community college.

I went to to Cal State University System.

Then I got my Master’s Degree and my Doctorate at USC.

 

 

Here is the crazy thing:

My entire Bachelor’s degree cost as much as one semester at USC.

 

So I got in debt on the graduate school.

 

I am telling this story because it is an example

of you get what you put into something.

 

I fully immersed myself into community college,

and I had a great experience, Priscilla.

 

 

One of the best professors that I ever had

in my entire university career came from a community college.

 

 

Priscilla:
I think it is a terrific way for kids to get a good portion

of their education accomplished at a very low fee. Especially right now.

 

 

Ivan:
I agree. Especially right now. I agree completely.

 

To make the connection to the PALMS report,

sometimes people feel it is busy work.

 

They don’t want to do it. They don’t think it is necessary.

 

There are a lot of people who say not to go to community college,

that it is busywork and you are not going to learn anything.

 

 

You get out of life what you put into it.

 

I am here to tell you that if you track your performance

and you track your progress, you are on the road

to adjustments as you go along that road.

 

Be the GPS of your BNI chapter. Follow the PALMS program.

Track your referrals and thank you for closed business.

You will have a very, very successful group.

 

 

That is my message for today.

 

 

Priscilla:
Okay, that is an excellent message. Thank you so much, Ivan.

 

 

Ivan:
Thanks.

 

 

Priscilla:
Well, I would just like to remind the listeners

that this podcast has been brought to you by NetworkingNow.com,

which is the leading site on the net for networking downloadables.

 

Thank you so much for listening.

This is Priscilla Rice and we hope you will join us next week

for another exciting episode of the Official BNI Podcast.

Copyright© 2017, BNI All Rights Reserved.

〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-21-1ダイヤビル303
ビジネス&コミュニティ横浜駅前オフィス 内