”どうすれば組織は目標達成をするのか” BNI活用法 第60号

2013-01-17

本メルマガは、以前に渡辺と名刺交換した方や、BNI横浜
セントラルリージョン主催の交流会等にご参加された方で、
メルマガ配信をご承認頂いた方に限定して、お送りしています。

このメルマガの変更・停止については大変お手数ですが、以下
からお願い出来れば幸いです。
→https://s7.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=yokohamacentral
━━━ ☆ ━━━━━ ☆ ━━━━━ ☆ ━━━━━ ☆ ━━━━━

~「与える者は与えられる・BNIビジネス交流会活用法」~

2013/1/17発行 第60号

本メルマガは、2~3分位で読める分量にしてありますので安心して
お読み下さい(ニッコリ)。

━━━ ☆ ━━━━━ ☆ ━━━━━ ☆ ━━━━━ ☆ ━━━━━

BNIの基本理念

“Givers Gain(ギバーズゲイン)” = 「与える者は与えられる」

「あなたが誰かにビジネスの機会を提供することで、自分自身も誰か
からビジネスの機会を与えられる」という言葉です。結果として、お
互いが利益を受けることができると考えています。

『1専門分野1人限定・世界最大の異業種交流会』BNIとは?
http://www.bni-japan.com/about-bni.html

——————————  も く じ ————————————

1.  どうすれば組織は目標達成をするのか

2.  「1専門分野1人限定」 BNI横浜セントラル・リージョン
ビジネスミーティング 開催情報

———————————————————————————-

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

どうすれば組織は目標達成をするのか

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


組織は、どうするとその目標を達成することができるのでしょうか?

組織がその目標を達成するには、
非常に幅広い様々な要素が過不足なく満たされ、
それが相互に連関し、最終的に結実する必要があります。

今のご時世、「こうすれば組織は目標を達成します」などと
安直に言うことは決してできないようにも思います。

しかし、大変複雑な難事であるからこそ、
そして、多くの組織が目標の未達成に苦しむ今だからこそ、
敢えて、大胆に、かつシンプルに
仮説を立ててみたい衝動にも駆られます。


「大多数のメンバーが『目標を達成する』と思っている組織は、
その目標を達成する」


エグゼグティブコーチとして
数多くの組織に関わらせていただいた経験を軸に据えると、
このようなステートメントを打ち出せるように思います。

たとえ目標がとてつもなく大きく、
傍から見たら「あり得ないだろう」と思うような目標であっても、
その構成員が「達成する」と思っていれば達成する。

逆に、簡単に達成しそうな小さな目標だと思われていても、
メンバーが「達成しない」と思っていれば達成しない。

さらに言えば、たとえ戦略が凡庸でも、
メンバーが達成を信じて疑わなければ、組織は目標を達成する。

そして、どんなに戦略が優れていても
メンバーが目標達成に半信半疑であれば、達成しない。

以前、ある大手情報通信企業で、
役員が事業本部の年間目標を発表した翌日に、
傘下の部下100人に、アンケートを配信しました。

質問は、たった一つ、
「本年の目標は達成すると思いますか?」

結果は、Yes が45%、Noが55%。

つまり、半数以上の人が、目標を発表した翌日の時点で
「達成しない」と思っていたわけです。

残念ながら、弊社が目標達成に向けて
この本部を支援する機会を得ることはできませんでした。

1年後、久しぶりにその役員にお会いしてみると、
実績は目標を大幅に下回った、ということでした。

私の仮説を当てはめると、
そうなることは1年前には既にわかっていたわけです。

一方、ある大手製造業。

一見すると、途方もなく高い中期目標を立て世間に公開しています。
その会社の役員にコーチングを実施した際に、
何人もの傘下の社員に聞きました。

「本当に達成すると思いますか?」と。

驚いたことに、ほとんどの社員が当然のことのように
「達成すると思います」と答えました。

どこかで逆の反応を期待していたこちらとしては、
肩透かしをくらわされた思いでした。

その企業は、毎年大幅に売り上げを伸ばしていて、
確実に中期目標の達成に近づいています。

こうして見ると、リーダーがなすべき非常に大事なことの一つは、
「必ず目標に達する」とメンバーに思ってもらうことだと言えるかもしれません。

では、果たしてどうすれば、メンバーは目標に到達すると
曇りなく思うことができるのでしょうか?

このミステリーを解明すべく、
このメールマガジンの読者の方々に
以下のアンケートに答えていただきました。

「御社が掲げる中長期の目標について、
あなたは達成できると思いますか?」

166名の方の回答結果は、

A、達成できると思う 33.7%
B、達成できるかどうかわからない 37.3%
C、達成できないと思う 18.7%
D、中長期の目標を知らない 5.4%
E、中長期の目標はない 4.8%

Aを選んだ人に
「達成できる」と思う理由を聞いてみると、

「目標貫徹に対するトップの意志は強固である」
というものが多く見られました。

また、B、Cの理由としては
「そもそも経営陣や管理職など、目標の作成責任者すら
中期目標を何が何でも達成しようとは思っていないようだ」
という回答が目立ちました。

さらに、弊社がエグゼグティブ・コーチングで使用している
アセスメントのデータを見ると、
「会社の今期の目標は達成されると思う」という部下側の回答と
「対象者は、心の底から会社や社員のことを想っている」
というリーダーの行動には、強い相関関係があることがわかっていま
す。(相関係数0.73)

この2つのデータから言えることは、要するに、

「心の底から会社と社員のことを想い、
目標達成を信じて疑わないリーダーの元では、
メンバーは組織の目標達成を信じ、
結果、組織は目標を達成する」

ということだと思います。

ぜひ、今すぐリーダーとして、
自分に次の2つのことを問いかけてみてください。


組織目標を実現できると「本気で」思っているか?
会社や社員のことを「心から」想っているか?


この2点に、一切の曇りなく「イエス」と答えられるようであれば、
きっとメンバーはあなたの眼差しが向かう先を同じように見つめ、
喜びをもって前へ歩みを進めていることでしょう。

一方、少しでも疑念が介入するようであれば、
「なぜそう思えないのか」
「思うようになるにはどうしたらいいのか」を
ぜひ自身に問うてみてください。

一週間考えて、やはり答えがノーであれば、
リーダーは別の人に譲った方がいいのかもしれません。

株式会社コーチ・エィ
取締役社長
鈴木善幸

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回のメルマガは、コーチング業界最大手のコーチ・エィ社 鈴木善幸
社長のメルマガを抜粋させてもらいました。経営者に特化したエグゼク
ティブ・コーチとして活躍されている鈴木氏については、是非コチラを
ご覧下さい。

【著者プロフィール、バックナンバーなどはこちら】
http://sv01.ezines.jp/url/82d232ceb9497228320e5909a95e6d2c53778576


さて、 鈴木氏も触れているように、組織の目標達成の方法は「これを
やっていれば、必ず目標達成できます!」と簡単にマニュアル化できな
いことは、組織に携わったことがある方であれば、皆様頷かれることと
思います。

BNIには、各地域にチャプターと呼ばれるグループがあります。チャプ
ターは20数名~60数名の各分野の専門家で構成されており、その中に
運営を任されるリーダーシップチームがあります。

リーダーシップチームはプレジデント(会長役)、メンバーシップ・コ
ーディネーター(副会長役)、書記兼会計の三役を中心としたチームで、
半年に一度、ビジネス拡大という目的に沿ってチャプターから選出され
ます。

中でも、プレジデントが半期の目標設定と、その達成へ向けたリーダー
としての旗振役を務めます。言わば、組織の長として、半年間の目標達
成へのコミット役を担う訳です。

鈴木氏の言葉を借りれば、プレジデントが心から目標達成を信じていれ
ば目標の達成度合いが高くなりますし、そうでなければ組織もついて来
ない、ということです。

そして、信じるだけではなく、プレジデント自らが目標達成に向けて、
メンバーのビジネス拡大や組織活性化の為に、仕事に繋がる紹介や外部
のビジター招聘を率先垂範するなど、その態度・在り方にメンバーが影
響されて初めて、組織全体が真剣に目標達成に向けて動き出す、という
流れが生じることになります。

プレジデントが、チャプター目標を実現できると「本気で」思っている
か?
各分野の専門家であるメンバーのことを「心から」想っているか?

答えがNOのプレジデントは、今すぐに辞任する必要があるのかもしれ
ません(汗)。
ただし、その場合、後任探しが大変かもしれませんが……(アブラ汗)。

やはり、最初に任命する時の人選が極めて大事ということですね。

どうすれば組織は目標達成をするのか、あなたはどう思いますか?

BNI横浜セントラル・リージョン
エグゼクティブ・ディレクター
渡辺直行


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

「1専門分野1人限定」 BNI横浜セントラル・リージョン
ビジネスミーティング 開催情報

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

詳細は下記の各チャプターウェブサイトをご覧ください。

【火曜日】
海都チャプター(朝)
https://business.form-mailer.jp/fms/a6146c0214609

【水曜日】
サファイヤチャプター(昼)
https://business.form-mailer.jp/fms/7b12957f14731
http://www.facebook.com/pages/BNI-Sapphire-%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%97%E3%82%BF%E3%83%BC/157920371015884

【木曜日】
Bayチャプター(朝)
http://www.bni-bay.com/

HAMATOMOチャプター(朝)
http://www.bni-hamatomo.com/

エナジーチャプター(昼)
https://business.form-mailer.jp/fms/3d3a9e9d14684

シリウスチャプター(朝)
http://bni-sirius.com/


◇編集後記
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました。
今回のメルマガはいかがでしたか?

リーダーは目標達成には様々な場面で、様々な判断をしていかなければ
なりません。その中で、絶対に失ってはいけないものが今回のメルマガ
の内容でしたね。目標を達成するために、リーダーは情熱を持ち続けら
れる強い心を鍛えておきたいところです。

本日は、私のfacebook上(笑)のお友達であります、株式会社ネクシ
ィーズ 近藤太香巳社長による新卒者向け講演会での言葉を紹介しま
す。近藤社長は19歳の時、50万円を元手に会社を創業し、数々の苦
難を「必ずできる」という情熱で乗り越え、34歳でナスダック・ジャ
パン(現ジャスダック)へ株式上場。その後37歳で、2004年当時
最年少創業社長として東証一部に上場を果たしています。

「皆、パワーアップしてる?45歳の僕もパワーアップしてるよ!まだ
まだここから自分を鍛えましょう。簡単だ!自ら進んで『得意』な事と
『苦手』なことを全力でやればいいのです。 夢や目標に向けて頑張ろ
う!僕の仲間にマイナス思考の弱いヤツなんていない!」

ではみなさん、次回もお楽しみに!
メルマガへの返信での感想、大歓迎ですので、是非お待ちしています!

(BNI横浜セントラルリージョンディレクター 田中 千賀良)

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

————————————————————-
当メールマガジンの「ギバーズゲイン」の考え方が少しでも広ま
ればと心から願っています。
どうぞ、ご自由に、周りの方々に転送して下さい。

新規登録の方はこちらよりどうぞ
→https://s7.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=yokohamacentral
発行者: 渡辺直行

このメルマガの変更・停止については大変お手数ですが以下から
お願い出来れば幸いです。
→https://s7.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=yokohamacentral

バックナンバーは下記からご覧頂けます。
→https://s7.blayn.jp/bm/p/bn/list.php?i=yokohamacentral&no=9


BNIディレクター
エグゼクティブ・サーチ・ジャパン株式会社
代表取締役
渡辺直行
〒220-0003
神奈川県横浜市西区楠町1-3 トラストワンビル3F
電話: 080-3364-0665
ファックス:03-6869-3727
http://www.bni-japan.com/
watanabe@bni.ne.jp

◎何か、お困りになられている事はありませんか? 各分野の専門家を
ご紹介します。
~弁護士・税理士・社労士・司法書士・行政書士・弁理士・不動産鑑定
士・建築士・土地家屋調査士・保険・国内不動産仲介・ウェブ制作&S
EO対策・セラピスト・コーチ・写真家・助成金&経営コンサル・葬儀
葬祭・印刷物広告・自動車販売・ギフトコンシェルジュ・操体法・アロ
マセラピスト・建築CG制作・栄養コンサル・映像制作・システム開発・
書道家・デザイン・探偵・鉛筆画など35業種以上~
詳細はコチラ
http://www.bni-j1.com/member/

☆ 自己紹介(崖っぷちからの生還、携帯サイト)
http://www.just.st/index.php?tn=index&in=7251352&pan=90&pc=off

☆ Facebook http://www.facebook.com/naoyuki.watanabe.7

Copyright© 2017, BNI All Rights Reserved.

〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-32-14 
エクレール横浜西口507